« 今年一発目の温泉ドライブ旅行は雪もなさそうな近場の伊豆へダラダラ2泊 | トップページ | 何となく温泉に入りたくなり塩原温泉へその1、山口屋旅館で出来立ての露天風呂を堪能。その前に栃木県立美術館でマイセン磁器など鑑賞 »

2007年10月22日 (月)

鳴子・鬼首が崖崩れで道路が不通になり大変のようだ

大好きな温泉、鳴子温泉にそろそろ行きたいなと考え
て、雪や道路事情はどうかなと地元紙の河北新報のネ
ットサイト(無料だが記事を読むには登録する必要が
ある)
を見ていたら、鳴子温泉と鬼首地区を結ぶ基幹
道路の国道108号線で崖崩れが17日に発生、鬼首
地区と鳴子間が不通状態で鬼首地区の方達の生活にも
支障が生じているようだ。しかもその崖崩れが発生し
たのが鳴子温泉から国道108号線に入ってすぐの場
所のようで、場所的には最悪の場所だ。鬼首地区の人
たちが鳴子方面に出るにはあの状態では国道108号
線を秋田方面に走り、国道13号線にいったん出た上
に13号線を南下して新庄まで行き、国道47号線を
鳴子方面に行かなければならない。わずか10数キロ
が120〜30キロぐらいの大回りになるわけでとて
もできないね。花山地区と連絡する県道が生活用の迂
回路とされたようだが、狭すぎてきついだろうし、雪
の残る現状ではかなり危険だろうな。早い崖崩れの回
復を祈るだけだね。

鬼首地区には観光名物の間欠泉や温泉宿やスキー場も
あるし、観光面でも大打撃だろう。それに国道108
号線は鳴子から秋の宮温泉郷に行く道路でもあり、秋
の宮なんかも打撃を受けるだろう。国道108号線に
は鬼首地区に素晴らしい数多くのトンネルが整備され、
かつての隘路も走り易い観光道路になったのに、鳴子
温泉からの入り口であるすぐの場所が不通ではカネの
かかったトンネルも宝の持ち腐れ状態だ。

|

« 今年一発目の温泉ドライブ旅行は雪もなさそうな近場の伊豆へダラダラ2泊 | トップページ | 何となく温泉に入りたくなり塩原温泉へその1、山口屋旅館で出来立ての露天風呂を堪能。その前に栃木県立美術館でマイセン磁器など鑑賞 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

07年02月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子・鬼首が崖崩れで道路が不通になり大変のようだ:

« 今年一発目の温泉ドライブ旅行は雪もなさそうな近場の伊豆へダラダラ2泊 | トップページ | 何となく温泉に入りたくなり塩原温泉へその1、山口屋旅館で出来立ての露天風呂を堪能。その前に栃木県立美術館でマイセン磁器など鑑賞 »