« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その4、白布温泉「西屋」のドバドバ湯に満足したのだが・・・ »

2007年10月22日 (月)

山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その3、小野川温泉で温泉入らず、田んぼアート見物

早朝から午前10時チェックアウトまでに3回も風呂に
入って蔵王の湯を堪能して、22日火曜日は裏磐梯のペ
ンション宿泊。そこで、どこの温泉に入って行くかなの
だが、「自遊人」の無料パスポートという強ーい味方が
あるので、国道13号線をそのまま南下して、米沢市か
ら小野川温泉へ行き、白布温泉の「西屋」旅館で無料入
浴して、西吾妻スカイバレー経由で裏磐梯へ行くことに。

13号線は超快適でかなりのスピードで飛ばせて、途中
で買い物などしながら、午前11時半には小野川温泉に
到着。節約ドライブ旅行ということで、無料の露天風呂
に入ろうと思ったのだが、なんと火曜日は露天風呂は休
日。露天風呂前の売店も閉鎖していてがっくり。つい先
日旅館の風呂に入ったばかりだしということもあるしで、
風呂は止めて、どこかのサイトで知った田んぼアートな
るものを見物することに。駐車場のすぐそばにその田ん
ぼアートの案内が。300メートル先とか書いてある。

方向はホールサムイン小野川の方向のようだ。川を渡っ
て歩いて行ったのだが、どうも分からない。郵便局で聞
いてみたらすぐそばだと言う。駐車場の案内板以外に道
路上に案内板がないのに、道路からちょっと入った所に
田んぼアートの案内板が。しかし、普通に歩いていては
わからない位置だ。郵便局の前あたりにあればすぐにわ
かるのに。そして、その案内板から数メートル先にまた
案内板が。これってまったく無駄。どうも、田んぼアー
トを観光客に見せようとする気がないかのような案内板
設置だ。案内板の意味がない場所に置いてある。
Dsc00050

 

 

 

 

まあ、それはどうでもいいのだが、田んぼアートとは種
類の違う稲を植えることで色の違いで絵を描くなかなか
難しそうなアート。田んぼを俯瞰する必要があるために
見物する場所は少し高台である必要がある。そして、そ
の場所から見たときに美しく見えるという制約まである。
小野川温泉の田んぼアートは小野小町と売り物の蛍の図
柄で、右隅におきたま米などの字が。それらは真上から
見ると歪んで見えるのだが、見物場所から見るとゆがみ
が是正されて、小野小町の図柄などなかなかの絵になっ
ている。
Dsc00053
Dsc00054

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと面白いイベントなのだが、温泉街を散策しても
この田んぼアートをとくに宣伝しているようでもなく、
開催しているのがわかるのは駐車場のそばにあった小さ
な案内板だけ。活性化を狙うならもう少し観光客にわか
るような周知方法が必要じゃないかと思うが。

|

« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その4、白布温泉「西屋」のドバドバ湯に満足したのだが・・・ »

温泉」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事

06年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その3、小野川温泉で温泉入らず、田んぼアート見物:

« 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その2、蔵王温泉「おおみや旅館」「蔵王国際ホテル」で酸性硫黄泉を堪能 | トップページ | 山形・福島温泉巡り節約ドライブ旅行その4、白布温泉「西屋」のドバドバ湯に満足したのだが・・・ »