« 群馬・長野のんびり温泉ドライブ3、草津温泉では「上州の宿」で素泊まり | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ5、七味温泉「紅葉館」で白濁硫黄泉を貸し切り状態 »

2007年10月22日 (月)

群馬・長野のんびり温泉ドライブ4、角間温泉共同浴場「新田の湯」「滝の湯」「大湯」で贅沢湯浴み

8日金曜の夜は夜遅くから深夜まで雨が降っていたの
だが、開けて9日はチェックアウトする頃には晴れ間
が広がり、ドライブ日和に。9日は長野県高山村の七
味温泉に入るのが目的なので、草津から昨日万座温泉
で入浴し往復した志賀草津道路をまたまた長野方面目
指して走ることになった。霧が相当深い時もあったが、
長野県側に出るとほぼ快晴に。途中湿原や池などをぶ
らぶら散策しながら、午後12時過ぎには渋・湯田中
温泉郷のなかでもあまり知られていない角間温泉に到
着した。
Img_0056

 

 

 

 

角間温泉はオリンピック道路の佐野角間インターチェン
ジで降りて、湯田中方面とは反対の川向こうの左側へ。
1キロほどリンゴ畑が並ぶ道を進むと突然数軒の雰囲気
のある旅館が並ぶ一角に着く。そこが角間温泉で、旅館
5軒ほどの小さな温泉だが、そこになんと3軒も共同浴
場があるのだ。下の方から「新田の湯」「滝の湯」「大
湯」で、大湯を囲むようにして5軒ほどの旅館が並ぶ。
共同浴場には「地元民、宿泊者以外は利用お断り」と書
かれているが、大湯横の雑貨店で駐車料金300円を払
うと共同浴場の共用キーを貸してもらえる。そのキーが
木(その中に電子チップが埋め込まれているとかの話も)
で出来たなんとも素朴なかわいい形。
Img_0057

 

 

 

 

先ずは大湯から100メートルほど下った住宅の中に
ぽつんとたたずむ「新田の湯」へ。道路からすぐの入
り口を入るとそこがもう脱衣所。棚だけのシンプルな
脱衣所と一体化した四角のコンクリート湯船に透明な
湯が溢れている。湯は石膏食塩泉、まあいわゆる単純
泉でかすかなほんとうに微妙な塩気があるのを感じら
れる程度で、それほど特徴のある湯ではないが、体に
びしっと来る感触はたまらない。ここは造りも素朴で
3軒の中では一番生活と密着した感じ。それを独り占
めで堪能、もう極楽です。渋温泉などを見下ろす高台
にあるため車の音もせずのんびりとできます。
Img_0062
Img_0060

 

 

 

 

                               
                   

その「新田の湯」から少し大湯方面に坂を上って行くと
今度は少し造りの立派な「滝の湯」がある。こちらは典
型的な湯屋造り。中は角間の共同浴場に共通する脱衣場
と浴室一体の構造。しかし、ここは奥の壁一面が立派な
岩作りになっていて、そこから打たせ湯もあって共同浴
場とは思えない造り。ここも「新田の湯」と同じ程度に
熱くて、長くは入浴していることは出来ない。入浴する
だけでも我慢我慢なのに打たせ湯はちょっと怖くて敬遠。
それにしてもいい雰囲気です。
Img_0065
Img_0063

 

 

 

 

 

 

次はちょっと休憩して一番奥にある「大湯」へ。そのちょ
っと手前の坂を右に行ったところで子づれのお母さんとお
ばあちゃんがタンクになんだか湯を汲んでいる。立て看板
には「お湯くみ場」と書いてある。おばあちゃんによると、
アトピーに効くそうで、車で湯を汲みに来るそう。この湯
も組合管理なので、大湯横の雑貨店に許諾を貰うのだとか。
そこからさらに坂を上ると、横山大観が別荘に使った「嶽
心荘」があった。茅葺きの趣のある建物で、現在は安代温
泉安代館の別館として利用されているようだ。そのほかに
大湯の先をちょっと行った左側には林芙美子文学館がある。
成瀬巳喜男監督の「浮雲」「めし」「妻」「晩菊」などこ
の作家の作品を原作にした映画は見ているのに、小説を1
冊もこれまで読んだこともなく、あまり興味わかず、時間
もあまりなくて中の見学はしなかったが、林芙美子が戦争
末期に1年ちょっと疎開先に借りていた建物を利用してい
るようだ。入り口へ行く庭園部分が花がいっぱいでなかな
か雰囲気は良かったが。
Img_0074

 

 

 

 

まあ、それより温泉だと3番目の「大湯」へ突入。正面
から見るとそこが入り口のように見えるが、実はそこを
入ると洗濯などに住民が利用する所。実際の温泉入り口
は左側に回ったところ。さすが3軒の中では造りも立派
で、脱衣所から段差を大きく付けた浴室部分の洗い場も
奇麗なタイル張りだ。湯温は3カ所の中では低く、ちょ
うどいい湯加減でのんびりと浸かっていられた。
Img_0066
Img_0067
Img_0068

 

 

 

 

 

 

 

土曜日の昼間1時間半ほどぶらぶらしていたが、その間
にほかの入浴客もまったくなく、3軒の共同浴場を独占
状態で入れる実に贅沢な時間を過ごすことが出来た。こ
こはかなりのお気に入りになった。次来る時は旅館の湯
も味わいたいものだ。

|

« 群馬・長野のんびり温泉ドライブ3、草津温泉では「上州の宿」で素泊まり | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ5、七味温泉「紅葉館」で白濁硫黄泉を貸し切り状態 »

温泉」カテゴリの記事

長野県」カテゴリの記事

06年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬・長野のんびり温泉ドライブ4、角間温泉共同浴場「新田の湯」「滝の湯」「大湯」で贅沢湯浴み:

« 群馬・長野のんびり温泉ドライブ3、草津温泉では「上州の宿」で素泊まり | トップページ | 群馬・長野のんびり温泉ドライブ5、七味温泉「紅葉館」で白濁硫黄泉を貸し切り状態 »