« 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その9、素泊まり宿泊で湯治気分味わう川渡温泉「高東旅館」に2連泊 »

2007年10月22日 (月)

東北温泉三昧その8、山形の赤倉温泉の「三之丞」旅館で日帰り入浴

東北へドライブして最高にご機嫌なのはほとんど渋滞
もなくかなりの高速で走行できること。そのため、か
なり遠くまで出かけても宿泊先にゆっくりと夕食タイ
ムまでに戻ることが出来るのだ。2日目も肘折温泉に
まで出かけて入浴をしてもまだまだ余裕。

そこで、国道47号線を鳴子に戻る途中ちょっと寄り
道すれば行ける山形県内の赤湯温泉に久しぶりに行く
ことに。と言っても、赤倉温泉自体は47号線から2
キロほど山間に入ったところにあり、車ではすぐ。

以前「あべ旅館」で入浴したことがあるので、今回は
同じような巨大な岩盤から湯が湧き出て、そこに天然
岩風呂を作っているもう一つの赤倉の代表的な「旅館
三之丞」で入浴することに。入浴料金は500円。こ
こはあべ旅館とは違って駐車場が広くていい。場所も
道路からすぐで便利。
Dsc00612

 

 

 

 

 

玄関は農家風にアレンジされていて雰囲気があって楽
しめる。風呂は玄関からずっと奥に行くのだが、外か
ら見るより奥行きの深い旅館。小浴場Dsc00614もあるが、ここ
の売りはなんと言っても混浴
の天然岩風呂。かなり深く大
きめの深湯、普通の深さの中
湯、打たせ湯のある高湯の3
つが巨大な岩が浴場内にある
ままに配置されている。源泉
もかなりの量が注がれている。高湯はかなり温度が低
くなっているが、奥にある中湯は激熱で入れなかった。
深湯は岩盤の微妙な模様が透き通った温泉の底に見え
て芸術的な作りの浴槽だ。無色透明無臭の上品な湯だ。
Dsc00621
Dsc00623

Dsc00620
Dsc00622

 

 

 

 

 

 

 

湯上がりに若主人と話したら、経営面でいろいろと模
索をしているようで、料理にも地元素材を中心に考え
て作っているよう。8000円程度からの料金のよう
でもあり、一度宿泊してみたい旅館だ。いわゆる秘湯
を守る会の1軒でもある。

帰宅してから米沢いずみさんのブログを読んでみたら、
なんと私が三之丞で入浴したその日のちょっと前に三
之丞で入浴しているではないか。東川原湯での同じ日
の宿泊と併せて何とも奇遇が2回も。米沢さんは鉄道
好きでもあり、鉄道旅行がほとんどで、三之丞へもJR
の駅から歩いてやって来たよう。車でも横道に入るの
でどうしようかなと思うほどなのにまったく凄い温泉
パワーの持ち主だ。

|

« 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その9、素泊まり宿泊で湯治気分味わう川渡温泉「高東旅館」に2連泊 »

温泉」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事

06年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その8、山形の赤倉温泉の「三之丞」旅館で日帰り入浴:

« 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その9、素泊まり宿泊で湯治気分味わう川渡温泉「高東旅館」に2連泊 »