« 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 »

2007年10月22日 (月)

東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴

屋代さんの温泉案内ですでに3カ所に入浴していて、し
かもそれぞれが強力な湯ばかり。ちょっと連続しての入
浴に体もきつくなっているのだが、もう一つということ
で、鳴子に何回も来ていながらまだ入っていなかった国
民宿舎「瀧嶋」の湯に入ることに。「瀧嶋」は鳴子温泉
役場のすぐ近くにあるちょっと古びた何の変哲もないビ
ルだ。

入り口は2階になり、浴場は階段を下りて1階部分にな
る。1階には厨房などや男女別湯、家族湯それにここの
名物となっている薬湯ともいわれる混浴というか貸し切
り利用する風呂がある。狭い廊下には椅子などが雑然と
置かれていてB級モードが満開。

薬湯の泉質はナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物
泉というものだが、化学はもう高校時代でおさらばした
身にはこの手の化学名を並べられてもあまり意味がない。
だから、温泉に行っても泉質の分析表などはあまり熱心
には読まない。読んでもわからないしね。どのような種
類か、PHはどの程度か、どのような効能が特にあるのか
などを見る程度。温泉マニアの人の中にはこの分析表を
隅から隅までノートしたりする人もいるようだが、まあ
趣味だからご勝手にという気分。

まあそれはどうでもいいのだが、薬湯にはすでにお客さ
んが入浴中ということでしばらく廊下で待機。ようやく
空いて、廊下からさらに階段をL字型に降りて地下状態
の浴場へ。それにしても浴場内は熱気が凄い。それだけ
でなんだかサウナにいるような感じだ。
Dsc00594

 

 

 

 

 

浴槽はシンプルな作りで、蛇口から源泉が静かに注がれ
ている。源泉に触るとかなりの熱さで60度ぐらいはあ
りそう。その源泉は岩作り風の壁の奥に源泉の湯溜まり
が作られていて、そこから浴槽にパイプを通し源泉が注
がれる仕組みで、まさに源泉そのものを味わえる素晴ら
しい浴槽。湯自体はお客が加水もしていたのかちょうど
の湯加減でのんびりと独占入浴。ここは薬湯と言われて
いるが、別に薬草などを入れたりしている訳ではなく、
効能の高さから薬湯と言われているとか。入っていると
とにかく体の中からポカポカしてくる。出てからも汗が
どんどん出て来て、熱いのなんの。暖まり度抜群じゃな
いかな。
Dsc00596

 

 

 

 

 

帰り際に、ご主人からこの薬湯をそのまま詰めた瓶詰
めスプレーを1瓶いただいた。天然の化粧水ともなる
ようで、スプレーすると肌がつやつやになるそう。今
秋には商品として販売の予定もあるとか。

 

|

« 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 »

温泉」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

06年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴:

« 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 »