« 那須・塩原温泉巡りドライブその2、那須の不思議空間・北温泉旅館 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその4、那須の民宿街宿泊者専用共同浴場「滝の湯」を初体験 »

2007年10月22日 (月)

那須・塩原温泉巡りドライブその3、那須湯本温泉の民宿「新小松屋」で鹿の湯源泉を堪能

那須は東京から近いのもあって、避暑やなんやとドライ
ブで数知れず行っている場所。これまで宿泊は何回もし
ているのだが、すべてが近辺の温泉の日帰り入浴をして
のペンション宿泊。ペンションの清潔さとペンションの
西洋風コース料理が好みというのもある。ただ、一度は
那須湯本温泉の濃厚な硫黄温泉にたっぷりと入って堪能
したいというのもあり、今回初めて那須湯本温泉そのも
のに宿泊することに。
Dsc00781

 

 

 

 

宿泊したのは、あまりにも有名になりすぎて最近は激
混み状態の共同浴場「鹿の湯」の源泉を引き、そのす
ぐ下にある「新小松屋」という民宿だ。「鹿の湯」の
下には民宿街が広がるのだが、そのほとんどは内湯を
持たず、宿泊客だけが利用できる共同浴場「滝之湯」
と「河原の湯」を利用する典型的な湯治タイプ。しか
し、その中でも「新小松屋」は「鹿の湯」源泉を引湯
した内湯を所有する民宿。「鹿の湯」が午後7時で閉
館になるのに、「新小松屋」ではその湯を24時間い
つでも好きなときに利用出来るのが温泉好きには堪え
られないと、宿泊となった。

現在新小松屋はちょうど改築をしていて、2台ほどあ
る駐車スペースが使えず、駐車は「鹿の湯」の駐車場
を使用。女将さんによると、民宿街でも新小松屋は一
番古いほうで、「鹿の湯」の株権利を持っているため
に「鹿の湯」の源泉を引けるのだとか。民宿街ではほ
かにもう1軒が内湯を持っているだけとか。民宿街を
散策してみると、歩道は奇麗に舗装され、旅館とも思
えるような民宿も。平均料金は6000円弱のようだ
が、内湯があるのもあって新小松屋はちょっと高めの
6500円。しかし、鹿の湯源泉が24時間たっぷり
楽しめるだけで価値が大きい。しかも、別源泉を引く
共同浴場を鍵を借りて利用できるのだから。

建物は古いが、まあまあ清潔。食事は1階の大広間で
いただく。風呂場は二つが別棟のような形である。大
きいほうが男性用、小さいほうが女性用と一応はなっ
ているが、夜など誰も利用していないときには鍵をか
けて家族風呂として利用できるのも大きなメリット。

湯船には硫黄臭が香しいあの「鹿の湯」源泉がなみな
みと注がれていて浴場に一歩踏み入れただけで笑みが
こぼれてしまう。底には湯の花がかなり溜まっている
ようで、かき混ぜると一気に濃厚な白濁に。湯温はち
ょっと熱めで44度ぐらいか。成分も濃厚なので、短
時間ずつ何回も入浴するのが一番。夜などいつもがら
空き状態で、深夜も含めて何回も硫黄成分濃厚な湯を
堪能した。Dsc00787

 

 

 

 

男性用風呂の前には足湯も設置されている。またその横
には源泉溜めがある。その中をのぞくと、底のほうまで
白いホースがとぐろを巻いて入っている。聞くところで
は、そのホースの中には冷水が回されていて、高温の源
泉を加水せずに適温にしているようで、いわば一種の熱
交換方式での源泉を大切にした源泉供給方法。湯を大切
にする姿勢が高く評価できそうだ。
Dsc00785
Dsc00788

 

 

 

 

食事はまあ家庭料理というものだが、せっかくの鮎の塩
焼きも冷めているのがもったいない。ちょっとした手間
だけで温かい料理が出せるのだが。2食付きで6500
円だが、4000円で素泊まりして、温泉だけを楽しむ
のも手か。食事はちょっと車を走らせればいくらでも外
食はできるしね。ちなみに「鹿の湯」を楽しみたければ、
400円のところを半額で入浴できる券を新小松屋で出
している。

 

|

« 那須・塩原温泉巡りドライブその2、那須の不思議空間・北温泉旅館 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその4、那須の民宿街宿泊者専用共同浴場「滝の湯」を初体験 »

温泉」カテゴリの記事

栃木県」カテゴリの記事

06年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須・塩原温泉巡りドライブその3、那須湯本温泉の民宿「新小松屋」で鹿の湯源泉を堪能:

« 那須・塩原温泉巡りドライブその2、那須の不思議空間・北温泉旅館 | トップページ | 那須・塩原温泉巡りドライブその4、那須の民宿街宿泊者専用共同浴場「滝の湯」を初体験 »