« 会津の温泉三昧その1、赤茶けた色の塩分濃厚な古町温泉「赤岩荘」 | トップページ | 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 »

2007年10月22日 (月)

会津の温泉三昧その2、木賊温泉「民宿福本屋」で岩魚料理のフルコース満喫

古町温泉で1時間半ほど湯を楽しんだ後、宿泊先の木
賊温泉へ。来た道を少し戻って352号線を8キロほ
ど入ったところに位置する旅館や民宿が数軒あるだけ
の鄙びた温泉地。これまで何回か来て、川沿いにある
有名な共同浴場「岩の湯」や旅館井筒屋で日帰り入浴
したことはあるが、宿泊するのは初めて。

ネットサーフィンしていて、木賊温泉の民宿で岩魚を
養殖していて、夕食に岩魚のフルコースを出すところ
があると知って、かつては渓流釣りに精を出して、岩
魚とヤマメが大好きな私にとってはよだれが出そうに
なる民宿。泊る所を思案していて、只見川沿いにする
かなどと考えていたのだが、電話してみたら1室空い
ているというのでさっそく予約。予約できたのは民宿
福本屋。年間を通じて(といっても、冬期間はお休み)
7800円と良心的。Dsc00468

 

 

 

 

 

温泉ももちろん掛け流しで、しかもご主人がこだわって
作ったという岩作りの風呂まであるという。Dsc00449
                

 

 

 

 

その風呂はかなり広いようで、しかも貸し切り風呂とか。
それを聞いていたので、チェックイン時間すぐにチェッ
クインと、一番乗り。食事は母屋の囲炉裏が4つ作って
ある食事所でいただくようで、宿泊は別棟に。障子など
で仕切られた部屋もあるので音などは筒抜け。そういう
部分が気になる人にはちょっときつい宿。ふとんは既に
部屋に準備してあって、だらだら過ごすには最適。掛け
ふとんは羽毛使用。チェックインしてさっそく風呂へ。
風呂は宿泊棟にある。思っていた以上に立派な作りで、
10人ぐらい入浴しても大丈夫なほど。両端の2カ所か
ら湯が注がれていて、無色透明でなめらかな適温の湯が
気持ちいい。その後も何回か入って楽しんだ。

夕食はかなり広い囲炉裏が4つ仕切ってある食堂で。塩
焼きとみそ焼きの岩魚が串に刺して囲炉裏に。Dsc00473
                    

 

 

 

 

頭から丸ごと食べられる。うまい。囲炉裏の上の天井か
らは骨酒用に使用する燻製状態の岩魚の束が。Dsc00476
                    

 

 

 

 

また、天井の一隅には天板をはずした箇所があり、そこ
からは火除け祈願だという木彫りの男女のシンボルDsc00474が覗
けて、なかなか楽しい食堂。

 

 

 

 

 

そして、珍しいDsc00477岩魚の肝と卵が添えられた刺身、野菜と
和えたタタキ、岩魚のみそ汁等
々ご機嫌なほどの岩魚のオンパ
レード。夕食で岩魚6匹ぐらい
は食したのではないだろうか。
これほど岩魚を堪能したのは初
めて。朝食にもヤマメの甘露煮
が出て来た。これも上品な味付けで、頭からすべて食べ
られる。これほど食事に満足した温泉宿は極めてまれ。
またすぐにでも来たい宿だ。

|

« 会津の温泉三昧その1、赤茶けた色の塩分濃厚な古町温泉「赤岩荘」 | トップページ | 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 »

温泉」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

06年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津の温泉三昧その2、木賊温泉「民宿福本屋」で岩魚料理のフルコース満喫:

« 会津の温泉三昧その1、赤茶けた色の塩分濃厚な古町温泉「赤岩荘」 | トップページ | 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 »