« 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 | トップページ | 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 »

2007年10月22日 (月)

東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・

東川原湯旅館をチェックアウトして、さて今日はどこ
を回ろうかと思案。まずは今まで入ったことのない東
鳴子温泉の川の反対側にある阿部旅館へ。2種類の湯
が楽しめると来たのだが、硫黄泉のほうが不調とかで
工事中。それなら次回と言うことに。対応していただ
いた女将さんがかなりの美形だったのが印象的。阿部
が駄目なので鳴子へ来たならやはりあそこだけは入ら
ない訳にはいかないと、車を東鳴子温泉へ。どこに入
るかと言えば、大沼、高友など人気どころではなく、
普通の感覚なら建物の外見を見て、ロビーの亡霊でも
いるんじゃないかと思える寂れようを見てしまうと敬
して避けてしまうだろう、反対の意味で鳴子を代表す
るであろう「田中旅館」だった。

湯の良さは抜群なのはもちろんだが、田中旅館のいい
ところはなんと言っても入浴料金がたったの200円。
それで独特の茶褐色のうっとりするような何ともいえ
ない芳香漂うなみなみと溢れる混浴の大浴場がたいて
いの場合独占か少人数で味わえるのだ。しかも駐車場
がかなり広く、客も少ないので駐車の苦労が皆無なの
がなんと言ってもご機嫌だ。

支払いはいつもは自炊棟玄関にいるはずのおばちゃん
に払うのだが、今回はいなかったようで旅館玄関のほ
うからご主人が早足で来られて支払い。いつの時代の
ものかも分からないさびたブランコがあったり、ロビ
ーの不気味さはいつも通り。これが期待感を煽る。

浴場は予想通り、がら空きで男性一人だけ。今回訪問
して良かったのはアメーバーのような独特の形状をし
た大浴槽に湯が溢れる状態で満たされていること。前
回来たときには大浴槽にほとんど湯が張られていなく
て、入浴したのが同じ混浴浴場内にある小湯舟だった
から、がっくりしたことがあるからだ。
Dsc00639
Dsc00640

 

 

 

 

 

大浴場には鼻孔を刺激する油か薬のような独特の臭い
が充満。しかも湯が底まで見える透明の極上の湯。湯
温もちょっと熱めで最高の入浴環境。いつもなら貸し
切りの小浴場にも入るのだが、今回は不満点ゼロで、
大浴場で1時間強を出たり入ったりを繰り返してまっ
たり。体とタオルには田中温泉の臭いがしみ込んだよ
うだ。この温泉、湯の良さ抜群なだけに建物のリフォ
ームして売り方を考えればかなり繁盛の旅館にもなる
のだろうが、経営者にまったくその気がないようだか
らこのままの状態が続くのだろうか。まあ、安価にあ
の湯が味わえれば温泉好きにはいいのだが。

|

« 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 | トップページ | 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 »

温泉」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

06年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・:

« 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能 | トップページ | 東北温泉三昧その7、またやって来た肘折温泉。今回は「三春屋」で入浴 »