« 東北温泉三昧その1、やっぱりご機嫌な鳴子は馬場温泉の共同浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 »

2007年10月22日 (月)

東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう

馬場温泉のあとは宿泊客しか利用できない日帰り不可
能の旅館ということで東鳴子温泉の湯治主体の「まる
みや旅館」に直行。昨年の秋に宿泊した「大沼旅館」
の裏手にあるいかにも湯治主体と思わせる鄙びた風情
が魅力いっぱいの旅館。

骨折された屋代さんが最近ここで毎日湯治入浴されて
いる旅館でもあり、ここに入浴できたのは屋代さんの
おかげ。大感謝です。玄関を入ると奥のほうに小さな
売店があったり、板廊下が湯治旅館の風情を醸し出す。
風呂は玄関から奥へ進み、左へ曲がってすぐの右手に
独自源泉を利用した男女別の浴場が。

その鄙びの極致のような何ともいえない味わいたっぷ
りの浴室が何ともいい。奇麗なシャワーなどが完備し
ていないといやだというような人には縁のない浴場だ
ろう。浴槽は浴室の真ん中に5人程度が入れる木造の
もの。静かに源泉が注がれているが、温度は40度前
後のちょっと温め。源泉を味わってみると金気とちょ
っと土気のまじったような複雑で濃厚な味。泥水のよ
うな濁り湯はいかにも効果が高そう。
Dsc00583
Dsc00585

 

 

 

 

 

温度が低めなのでいつまでも入っていられるようなご
機嫌な湯だ。成分が体にじんわりとしみ込んでくるよ
うだ。何回か出たり入ったりをして満喫。それほど長
く入ってはいなかったが、出てみると汗が止まらない
ほど。

別に東鳴子の共同源泉赤湯が注がれる混浴の大浴場が
あるのだが、馬場温泉に続いての入浴もあってそちら
のほうは今回は入らずじまい。ちょっと残念だったが、
まだ屋代さんの案内は続くのだ。Dsc00588

|

« 東北温泉三昧その1、やっぱりご機嫌な鳴子は馬場温泉の共同浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 »

温泉」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

06年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その2、東鳴子温泉の「まるみや旅館」で独自源泉を味わう:

« 東北温泉三昧その1、やっぱりご機嫌な鳴子は馬場温泉の共同浴場 | トップページ | 東北温泉三昧その3、鳴子温泉のジモ専浴場 »