« 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 | トップページ | 会津の温泉三昧その5、あまり人気のないのが不思議な中丿沢温泉でにんまり。締めはヌルヌル湯の新菊島温泉 »

2007年10月22日 (月)

会津の温泉三昧その4、西会津のそば屋さん古澤屋の「清兵衛温泉」

只見川沿いに散在する大好きな温泉群を大塩温泉だけに
しぼってまで入浴したかったのが西会津の蕎麦屋さん古
澤屋さんが所有する「清兵衛温泉」なる個人所有の温泉。

温泉サイトで素晴らしい湯と頻繁に紹介されているので
一度は訪問したいと思っていた湯。252号線から49
号線を左折して、15分程度新潟方面に走った右側に大
きないくつかの赤ベコが目印の蕎麦屋さんが古澤屋。ち
ょっとくたびれかけた大きめのレストラン。かつてはド
ライブイン的ににぎわっただろうが、現在は高速道路が
出来て、通過車両が少なくなっているようでちょっと寂
しげなたたずまい。

前もって電話で入浴できるかどうか確認しておいたので、
店に着くとすぐに鍵を借りることが出来て、温泉棟に直
行。ここの風呂は入浴は無料という太っ腹なもので、風
呂はレストランの右奥、しだれ桜の左奥の独立した棟に
なっていて、鍵を借りての貸し切り風呂。家族やカップ
ルでのんびりと入れる。

脱衣場などもかなり広く、浴場は広い窓から真下に阿賀
川を見下ろせる素晴らしい作り。Dsc00489
                  

 

 

 

 

湯口からはものすごい量の透明な35度あるかないかの
相当低い温度の湯が掛け流しされ、浴場の床は溢れる湯
で洪水状態。その状態を眺めるだけで笑みがこぼれる。
入浴するとあまりの低い湯温にちょっとびっくりするが、
じっと浸かっていると意外に寒さは感じず、少しのツル
ツル感のある優しい肌触り。特筆すべきはじっとしてい
るとたちまちのうちに全身にビッチリとまとわりつくよ
うに着く細かい泡。その泡で透明な湯が白っぽくなって
くるほど。それにしても気持ちいい。いつまでも入って
いたい気分だ。しかし、ほかのお客さんも来るだろうし
と40分ほどでレストランへ。いくら無料とはいっても、
やなりお礼の意味も込めて何か注文しなきゃね。10割
蕎麦ということなのでそばを注文。割にたっぷりと盛ら
れていて、お腹も十分に満足。この近くに来たらまた必
ず訪問したい温泉となった。

|

« 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 | トップページ | 会津の温泉三昧その5、あまり人気のないのが不思議な中丿沢温泉でにんまり。締めはヌルヌル湯の新菊島温泉 »

温泉」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

06年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津の温泉三昧その4、西会津のそば屋さん古澤屋の「清兵衛温泉」:

« 会津の温泉三昧その3、金山町の大塩温泉の待望の季節限定露天風呂を堪能 | トップページ | 会津の温泉三昧その5、あまり人気のないのが不思議な中丿沢温泉でにんまり。締めはヌルヌル湯の新菊島温泉 »