« 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・ »

2007年10月22日 (月)

東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能

東北温泉三昧ドライブの初日の宿泊は昨年秋以来の宿
泊になる鳴子温泉の「東川原湯旅館」で、硫黄泉と芒
硝泉の2種類のお湯を安価な料金で味わえる温泉ファ
ンにはありがたい旅館。今回もネット予約サイトでの
直前半額予約。とにかく激安です。

既にチェックイン済み(ここは午後すぐにチェックイ
ンできるのも便利だし、チェックアウトもかなり遅め
なのでとにかく温泉三昧堪能できる旅館)なので、屋
代さんの車で送ってもらう。ここの女将さんはいつも
ニコニコハキハキ元気いっぱいだ。今回の部屋は玄関
すぐ上の2階部分で窓からは左上のほうにJRの鳴子温
泉駅が見え、土手には紫陽花が満開。
Dsc00602

 

 

 

 

 

チェックインすれば後は湯を楽しむだけ。まずは男女
別の芒硝泉の湯へ。無色無臭透明な湯が満ちあふれて
いる。ちょっと熱めだが入ってしまえばやんわりと体
を包み込むような肌触りは長距離ドライブなどの疲れ
も一気に吹き飛びそうだ。ボケーとしばらく長湯。
Dsc00599

 

 

 

 

 

部屋でちょっと休憩してから今度はここの売り物の混
浴の硫黄泉の大浴場へ。あまり熱くもないちょうどい
い湯加減で一人で大きめの浴槽で和んでしまう。この
浴場は硫黄成分で痛みが極端に激しくアルミサッシは
今には崩壊しそうだし、壁はかなり汚くなっているし、
シャワーも上がり湯もなく大規模旅館の奇麗奇麗な浴
場が好きな人にはとんでもない浴場だろう。しかし、
奇麗に白濁して、かき混ぜるとコロイド状の成分が舞
い上がってさらに白濁度を増す湯は最高の魅力。
Dsc00600

 

 

 

 

 

夜中も含めて何回も両方の湯を出たり入ったりして東
川原湯の抜群の湯を堪能した1日だった。ここでネッ
ト上で顔だけは知っているお方に浴場で遭遇。その人
は入浴中の自らの顔を防水携帯電話で撮影して、即文
章付きで自己のブログに送っている温泉好きや一部の
マニアにはかなり有名な「米沢いずみ」さん。米沢さ
んのブログは最近存在を知って割に見ているが、先日
サーバーが不調でアクセス不能になっていたためしば
らく見ていなくて、まさか米沢さんが東鳴子に来てい
て、しかも同じ日に東川原湯に宿泊しているのを知ら
なかった。米沢さんは毎月のように東鳴子に来る東鳴
子フリーク。今回も高友旅館、東川原湯に宿泊してい
たよう。ネットで見ている顔をまさか同じ宿で見られ
るなんて楽しいことです。

|

« 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・ »

温泉」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

06年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北温泉三昧その5、またまた宿泊しました鳴子温泉「東川原湯旅館」で2種類の温泉堪能:

« 東北温泉三昧その4、鳴子温泉の国民宿舎「瀧嶋」で薬湯に入浴 | トップページ | 東北温泉三昧その6、鳴子に来たらやはり東鳴子温泉の「田中旅館」ということで・・・ »