« 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その11、小坂町の山の中のジャグジー野湯「奥奥八九郎温泉」再訪して堪能 | トップページ | 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その13、鹿角から田沢湖まで紅葉眺めなら快走し、田沢湖高原温泉「ロッジアイリス」で濃厚硫黄泉堪能 »

2009年10月25日 (日)

突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その12、野湯のあとは「幸楽」でホルモン定食味わい、小坂町をぶらぶら散策

奥奥八九郎温泉を楽しんだら、ダートを対
向車が来ないのを祈りながら戻ったが、戻
りも対向車なくて無事脱出。15分ほど走
れば小坂町中心部に。

小坂町は鉱山の街として大きく発展した街
だが、今は廃鉱となっていて、その歴史展
示館や当時の繁栄を伺わせる素晴しい白亜
の洋館(鉱山事務所だった建物)や鉱山労
働者の楽しみだった劇場(康楽館として整
備され一流歌舞伎役者の公演まで行われる
観光名所)などが残っていて、散策も楽し
い街だ。

その観光以外の楽しみが鹿角に本店がある
とかの焼肉店「幸楽」の支店でホルモン定
食を食べること。今年の5月に食べてすっ
かりお気に入りになり、奥奥八九郎温泉の
あとはここで昼飯が楽しみだったのだ。

丁度11時開店直後に店に到着。店に入っ
てびっくり。出て来た女将さんがさきほど
奥奥八九郎温泉で入浴していて、すぐに去
っていた女性二人のうちの一人だったのだ。
5月に来た時に見た女将の顔は忘却の彼方
にあったので、まさか入浴していたのが女
将だとは全く思いもしていなかったわけだ。
それにしてもあまりに奇遇だ。

女将さんのほうも「私たちと入れ替わりに
温泉にやって来た人じゃない」とびっくり。

前回は3種の肉の盛り合わせのミックス定
食(1000円)を頼んだが、量が多かったの
で、今回はホルモン定食(600円)を注文。

唐辛子とニンニクの利いたたっぷりの甘辛出
汁に入ったホルモンがジンギス汗鍋にドサッ
と載せられ、その上にざく切りのキャベツが
たっぷりの単純明快な料理。

温泉で会ったのも何かの縁とちょっぴりと肉
もサービスとか。あとはご飯、みそ汁、たっ
ぷりのお新香、山菜の小鉢と抜群のコストパ
フォーマンス。グツグツ煮て来たホルモンの
美味さ、出汁で煮込まれたキャベツと絶品の
美味さ。すべて完食してお腹いっぱいに。女
将さんのおしゃべりも楽しく、御機嫌な店だ。

食後は鉱山事務所前へ車を移し、面白い彫刻
など撮影がてらブラブラと腹ごなしの散策。
来年の雪解け時にはまた来なくちゃね。
Kouraku01 Kouraku02 Kouraku03



Kouraku04 Kouraku05



Kosaka01 Kosaka02 Kosaka03









Kosaka04 Kosaka05 Kosaka06

|

« 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その11、小坂町の山の中のジャグジー野湯「奥奥八九郎温泉」再訪して堪能 | トップページ | 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その13、鹿角から田沢湖まで紅葉眺めなら快走し、田沢湖高原温泉「ロッジアイリス」で濃厚硫黄泉堪能 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

秋田県」カテゴリの記事

09年10月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その11、小坂町の山の中のジャグジー野湯「奥奥八九郎温泉」再訪して堪能 | トップページ | 突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その13、鹿角から田沢湖まで紅葉眺めなら快走し、田沢湖高原温泉「ロッジアイリス」で濃厚硫黄泉堪能 »