« 温泉好きな身にとってはかなりショックな火災事件。蔵王温泉の名旅館「かわらや旅館」が全焼 | トップページ | 今日は久しぶりに快晴なので群馬方面へのんびり日帰りドライブ »

2010年4月14日 (水)

山形県の有名温泉地である銀山温泉で、金髪女将で人気だった「藤屋」が倒産。まあ、予想されたことだが

本家ブログのかなり以前の記事なのだが、山形
県の有名温泉地である銀山温泉のなかで金髪女
将で人気だった老舗旅館「藤屋」の愚かな建物
改築のことを書いた記事
が今日のブログの中で
アクセス数が一番になっている。なんでかなー
と思ってググって見たら、なんと藤屋が倒産の
記事が出てました。
◆◆◆◆◆◆◆
山形・銀山温泉の「旅館藤屋」が民事再生法を申請し倒産
2010年4月14日 21:09 | 国内倒産 | ホテル, 倒産, 東北

山形県尾花沢市の銀山温泉で「旅館藤屋」を経営する「ホテル藤屋」は、3月31日付で山形地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。

江戸時代に創業の同旅館は、4代目が代表を務める大正時代に木造三層の宿へ改築。2006年には大規模な建て替え工事を実施し、業績の伸長を目指していました。

しかし、建て替え時の値上げが仇となり売上は悪化し、景気低迷の影響で集客も低調に推移。建て替え工事の借入金が資金繰りを逼迫したことで、単独での経営再建を諦め、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億円の見通し。
◆◆◆◆◆◆◆
この藤屋だが、趣のある銀山温泉の街並
を形作る旅館群の中のひとつで、またア
メリカからやって来た金髪の女将がいつ
も着物姿で仕事しているってことで人気
のあった宿。

ところがだ、大正時代の雰囲気を伝える
建物をなぜか突然改築(というより新築
に近い)して、4年前にオープン。その
改築がアホな独りよがりの建築家に頼ん
だのが最大の間違いで、銀山温泉の街並
をぶち壊しただけでなく、伊豆辺りにあ
りそうないわゆるオシャレ感覚にベクト
ルをとった勘違い建築に成り果ててしま
い、さらに最悪なのが、それまでは湯治
宿の誇りを守って、1泊で高くても1万
円ほどだったのが、なんと安くても3万
5千以上と言うアホ価格に設定してしま
ったのだ。

湯治温泉という基本を忘却してしまった
このアホ改築は、当然のことに、それま
で農閑期などに当時に訪れていたおなじ
みのお年寄りたちには完全に縁のない旅
館になる訳だ、常連を切り捨てた改築だ。
当然のことに、銀山温泉でそんな高額宿
泊費を払ってまで泊ろうという人間がそ
うそういる訳でなく、今回の事態は想定
内のことだね。有名温泉地ででかい規模
へ改築して借金付けで倒産した前例が山
のようにあるのにその学習効果もなかっ
たようだ。

|

« 温泉好きな身にとってはかなりショックな火災事件。蔵王温泉の名旅館「かわらや旅館」が全焼 | トップページ | 今日は久しぶりに快晴なので群馬方面へのんびり日帰りドライブ »

ニュース」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事

10年04月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温泉好きな身にとってはかなりショックな火災事件。蔵王温泉の名旅館「かわらや旅館」が全焼 | トップページ | 今日は久しぶりに快晴なので群馬方面へのんびり日帰りドライブ »