« 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその5、2種類の濃厚な湯が味わえる自然の中の八甲田温泉「遊仙」 | トップページ | 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその7、いつも賑わっているB級の味わいの「八甲ラジウム温泉」 »

2010年7月11日 (日)

下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその6、肌触り気持ち良いかなりお気に入りの「水明温泉」にまたまた入浴

国道394号線を下って来て、国道4号線に来た
辺りでようやく雨も上がり、一安心。県道を通っ
て、昼食もあるのでまずは道の駅「小川原湖」へ。
道の駅に到着したのはすでに午後2時30分すぎ
に。ラーメンなどで軽く昼飯に。

そのあとはまずはお気に入りの「水明温泉」へ。
いくつもの温泉公衆浴場が自慢の上北町(今は合
併で東北町に)の公衆浴場のひとつ。公衆浴場で
もあるが、温泉旅館でもあり、こぎれいな温泉。
入浴料金は270円と激安だが、ここも北東北日
帰り温泉本を利用。

内湯のほかに屋根付きの露天風呂がある。内湯は
湯気が籠っているし、入浴客数も多いので、露天
風呂のほうへ。露天風呂は屋根付きなので日差し
も遮られ、林が目の前に広がる。この露天風呂が
かなりお気に入りで、いつも内湯はほとんど利用
せずこちらばかり。なぜか内湯が混んでいる時に
も露天風呂のほうはがら空きであるのも好都合。

湯はもちろん掛け流しの薄い褐色のアルカリ性単
純泉。自由に源泉を投入できるのもご機嫌だ。ほ
んのりとヌルヌル感のある湯は実に気持ち良い。
1時間ほどのんびりと入浴。

Suimei01 Suimei02 Suimei03

|

« 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその5、2種類の濃厚な湯が味わえる自然の中の八甲田温泉「遊仙」 | トップページ | 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその7、いつも賑わっているB級の味わいの「八甲ラジウム温泉」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

10年07月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその5、2種類の濃厚な湯が味わえる自然の中の八甲田温泉「遊仙」 | トップページ | 下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその7、いつも賑わっているB級の味わいの「八甲ラジウム温泉」 »