グルメ・クッキング

2011年9月23日 (金)

またまた一人東北のんびり温泉ドライブその8、下北半島一周で、「スパウッド観光ホテル」の風呂で目覚めの湯。昨年も利用した佐井村の「ぬいどう食堂」で美味しい海鮮丼でランチ

道の駅「横浜」で起床した朝、まだ天気は崩れて
いないので予定通りに大間まで走り下北半島を一
周することに。佐井村の「ぬいどう食堂」にて海
鮮丼でランチも目的だ。

午前8時30分道の駅を出発。むつ市で国道27
9号線から338号線へ左折して脇野沢方面へ。
途中湯野川温泉へ右折(今回は下北半島一周と言
っても昨年完全一周しているので、今回は道の駅
「かわうち湖」経由)。右折してすぐにあるのが
こぎれいな「スパウッド観光ホテル」で、北東北
温泉本利用で無料入浴できるので目覚めの湯とし
て入浴。

日帰り入浴料金は450円で、ヒバ造りのきれい
なロッジ風ホテル。浴室は週単位で男女入れ替え
で、露天風呂のある方は今回は女性用に。

内風呂は熱めで,無色透明。とくに特徴もないが、
目覚めの湯としては設備も整いぴったり。

Supa01

Supa02

Supa03

道の駅「かわうち湖」(以前一度車中泊したが、
周囲は全く何もなく夜は怖いほどだった)でちょ
っと休憩して、仏が浦(昨年ようやく船に乗船し
て見学達成で、今回はパス)を通過して佐井村の
福浦地区へ。

Hotoke01

そこにあるのが小さな「ぬいどう食堂」で、美味
しい海鮮丼が名物の食堂だ。到着したのが11時
40分とちょうどランチにドンピシャ。

昨年と同じ名物の歌舞伎丼(ほとんどの客がこれ
を注文している)を注文。「歌舞伎丼」は福浦地
区に伝わる伝承歌舞伎からの命名で、値段は10
00円。ウニ、アワビ、イクラ、イカ刺身の4色
丼だ。昨年食べた時にはアワビがたまたま在庫が
なく、かわりにウニをたっぷり載せてくれたのだ
が、今回はアワビ2切れとウニ(ちょっと少なめ
かな)、イクラ、たっぷりのイカ刺しが載ってい
た。

それ以外に日によって替わるらしいが、分厚く切
った白身の刺身、カツオの煮物、海藻の酢の物、
みそ汁(ムール貝に似たマルゴ)、お新香と抜群
のコストパフォーマンスだ。

次回来た時には2000円の三色丼(アワビ、ウ
ニ、イクラ)かな。1000円の歌舞伎丼から想
像しても相当の豪華版が期待出来そうだしね。美
味しいランチを済ませて、あとは一気に大間へ。

Nuidou01

Nuidou02

Nuidou03

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

久しぶりに北千住の立ち飲み居酒屋「割烹くずし 徳多和良」へ。相変わらず安くて美味くて、居心地抜群

先週だったかなテレ東の「アド街ック天国」が
北千住特集だったんだが、その中で紹介された
のはまあ準地元なんでおなじみの店や風景ばか
りだった。で、10何位か入っていたのが立ち
飲み居酒屋「割烹くずし 徳多和良」(とくだ
わらと読む)で、しばらく行っていなかったの
で知らなかったが店内が改装されていた。

以前は小ぶりのカウンターに小テーブル(と言
っても当然立ち飲み用)二つ、奥に小さな座敷
だったんだが、大きめのオープンキッチンを囲
むようなL字型のカウンターだけになっていた。

と言う訳で、なんだか久しぶりに行きたい気分
になってしまって、行ってきた。

店は基本的に日曜月曜が休みで、営業時間は午後
4時から午後9時までと短い。しかも最近は様
々な媒体で紹介されるようになったこと、立ち
飲みが人気(それらの中でもバー風のオシャレ
系には興味なしだが)とかで混む時が多いとか。

で、開店時入店客が撤退しただろう時間帯の5
時前に入店。予想通りと言うかそれほど混んで
もいなくてすんなり立ち場所を確保。このカウ
ンタータイプの方が店の人と対面なので注文も
しやすくて良いかな。

メニューは以前の黒板形式ではなくて、紙メニ
ューに手書きだ。その日の仕入れ状況でメニュ
ーが毎日微妙に変わるのがここの特徴。だから
毎日のように一人で来ても飽きることはないご
機嫌な居酒屋だ。居酒屋と言ってもやきとりや
モツ煮込みなどがある訳でなく、魚介類を主体
にした和食割烹だ。しかし、立ち飲みというこ
とから、あくまで「割烹くずし」と謙虚なのだ。

立ち飲みなので、一人なら酒類2〜3本ほどと
つまみ3種ほどでさっと撤退するのが粋っても
んで、ダラダラ長居は似合わないね。ここは料
理も酒も基本税込み315円主体なのでそうい
う飲み方に実にピッタリなのだ。

今回飲んだのはこちらは日本酒とこの店のオリ
ジナル「徳ハイ」(ウィスキーと梅酒のハイボ
ールってとこかな。少し甘めで美味い。女性向
きかな)。メニューは美味そうなものばかりで、
すべて注文したくなる。上品な割烹系(北千住
では異質だが)なので女性の一人客もきている
し、女性客が多い。

今回注文したのはシメサバ、青柳刺し、煮タコ、
ハマグリの酒蒸しなどすべて美味い。量的には少
なめだが、いろいろと食べられるのでそこが良い。
大好きなシメサバなんて絶品だ。酢と塩が絶妙な
バランスだ。ハマグリの酒蒸しの出汁の濃厚なが
らさっぱりした上品な味はたまらない。45分ほ
どでさっと飲んで食って、結構でした。

01

02

03

04

05

07

11

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

地震後初の北東北への一人温泉巡りドライブ旅行その19、鳴子温泉で素泊まりとなると、夜の食事は最近は東鳴子温泉の「八兆」で焼肉ばかり。今回も3夜連続で焼肉。そして昼飯は氏家鯉店の鯉の甘煮とアライ

最近鳴子温泉に一人で宿泊すると我ながらま
ことにワンパターンだ。家族と宿泊となると
素泊まりでなく2食付きの宿になるのだが、
一人だと素泊まりして外食してしまうほうが
好みだ。しかもこのところ宿泊の定宿になっ
ているのがお好みの泉質である川渡温泉の湯
の高東旅館で、夕食の食事は東鳴子温泉の焼
肉「八兆」という訳だ。

さらに、鳴子温泉郷の川渡温泉、東鳴子温泉、
鳴子温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの温
泉の主な泉質と宿はほぼ宿泊と日帰り入浴で
だいたい入浴体験したので、このところは鳴
子温泉に来ても宿泊したお気に入りの宿の湯
に何回も入るのんびり志向になり、一日にい
くつもの湯巡りはあまりしなくなったからだ。

という訳で、今回も3夜連続して焼肉で夕食。
ただ残念なのは焼肉なら当然にビールが飲み
たいのだが、車で宿から行くのでそれがダメ
なのが欠点。ただ、今回は初日だけは鳴子温
泉のお知り合いに車で送迎してもらい、生ビ
ールと日本酒を飲むことができた。

とにかく最近はあまりにも小食になったので、
定食(カルビ定食1150円、牛タン定食1
150円、ホルモン定食790円で、ワカメ
スープと美味しいナムル付き)と肉類あと1
皿程度で私的には十分な量でお腹いっぱいな
り、種類を食べられないのが残念だが。

夕食が焼肉ばかりなので、昼飯はグンと方向
を変えて鳴子温泉に来ると食べたくなる東鳴
子温泉にある「氏家鯉店」の鯉の甘煮とアラ
イを2日連続で。鯉は昔から好きだが、ここ
の鯉は鯉独特の臭みも全くなく、実に美味い。
冷凍ご飯1パックを宿の電子レンジでチンし
て、300円分のアライと甘煮1切れ(27
0円)で量的にもちょうど良く温泉と鯉料理
なんて健康法そのものか。

Hattyou01

Hattyou02

Hattyou03

Koi01

Koi02

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その10、ドライブ旅行の締めは大好きな金山町の玉梨温泉共同浴場と八町温泉共同浴場で

1泊延ばして5連泊したのが正解だった。
10日は強風が吹き荒れ、山形のほうも天
気が悪かったようなのだが、11日は穏や
かな天気となり、山形はそれほど晴れ間は
なかったが、曇り空でまあまあのドライブ
日和。

疲れ気味だったので結局朝方に高東旅館の
風呂に入った以外は風呂に入る気にならず、
いつも車中泊の道の駅「柳津」へ直行。途
中食事や休憩しながらのんびり走って、午
後4時半頃に「柳津」に到着。この時期に
なると本当に暗くなるのが早くすでに夜の
雰囲気だ。さらに走って東京へ一気に帰宅
も出来るのだが、真っ暗の中走っても面白
くもないし車中泊して、12日はお気に入
りの金山町の共同浴場にゆっくり入浴して
帰宅することに。

奥会津の11月の夜の外はさすがに寒い。
しかし、車の中で毛布を被っているとちょ
うど良い。酒をチビチビやりながら熟睡だ。

12日朝、起床すると天気は良さそうだ。
1日延泊して正解だった。軽く朝食を済ま
せて午前8時半頃道の駅「柳津」を出発し
て、玉梨温泉へ。9時15分には到着。金
山町の共同浴場はいくつかあるのだが、今
回はこの玉梨温泉の玉梨共同浴場と川を挟
んで反対側にある八町共同浴場の二つにゆ
っくりと入浴して、そのまま東京へ直行帰
宅することに。

いずれの共同浴場も貸し切り状態でのんび
り入浴、極上の濃厚湯をたっぷりと堪能で
きた。この金山町の共同浴場の湯は本当に
良い、冬場にも来たいのだが豪雪地帯で残
念だ。

只見ダム下でちょっと休憩したり、国道2
89号線、121号線で鬼怒川温泉経由で
帰宅。昼食は最近山王峠近くから田島方面
に移転した食堂「九八食堂」で(それほど
お腹が空いていなかったので)ミニソース
カツ丼(600円、レギュラーサイズは9
50円)を食べたが、甘めのソースのかか
ったカツが美味い。この店は出稼ぎ営業で
有名らしく、ここは5〜6年ほど前から1
1月(今年は11月23日まで)から4月
頃までは栃木県の大田原市で出稼ぎ営業し
ている。冬場は豪雪でやはり営業が厳しい
からのようだ。

午後8時頃には東京に帰宅。今回は青森入
りを途中で止めたのでそれほど距離は伸び
ず、総走行距離は1550キロほどだった。
使用ガソリンは約107リッターで、雪道
など走ったわりにはまあまあの燃費か。

Tamanasi01

Tamanasi02

Hachimati01

Hachimati03

Hachimati04

Maruhati01

Maruhati02

Ikaridamu01

| | コメント (0)

雪シーズン前に温泉巡りと思ったらすっかり雪景色の中だった東北ドライブ旅行その9、毎度おなじみの鳴子・川渡温泉「高東旅館」でのんびりと湯治5連泊、食事は焼肉と鯉が美味

このところ北東北方面へ温泉巡りドライブ
旅行したあとの東京への帰宅時には鳴子温
泉・川渡温泉の「高東旅館」に宿泊して行
くのがコースとなってしまった。脊柱管狭
窄症からくる座骨神経痛などにこの川渡温
泉の湯が一番効能がある感じが私的にはし
ているからだ。

川渡温泉の湯は共同浴場などすべて同類の
源泉で、ほのかな硫黄の匂いのビシッと熱
めの翡翠のような上品な黄緑色で美しい湯
だ。素晴らしい湯の川渡温泉なのだが、鳴
子温泉ほどの泉質のバラエティはなく、川
渡温泉の旅館の湯は1カ所入ればまあ十分
な感じが。

という訳で、布団持ち込みで素泊まり27
00円ちょっとで、清潔感もある施設など、
そして広々した駐車場もお気に入りなのが
高東旅館。だいたい宿泊する時は2泊以上
の連泊で、今年は5月、8月に続いて3回
目。最近はここに宿泊すると1〜2カ所別
の鳴子温泉郷の湯(主な旅館などの湯はほ
ぼ入ったのもあるが)に入浴する程度で、
お気に入りの高東旅館の湯に一日に何度も
入っては部屋でゴロ寝して過ごしてしまう
のが常だ。

炊事場も自由に使用できて、湯を沸かした
り、電子レンジ使用なども出来て軽い食事
面での不自由もない。各部屋には冷蔵庫も
あるし、お茶碗など食器類なども備わって
いる。とくにチリ一つないような清潔感も
お気に入りの要因。

高東旅館での宿泊は9日までの4連泊だっ
たが、天気予報では10日が通過予定の山
形が相当に天候が悪そうで、ドライブする
気がしなくなり急遽10日も宿泊にして5
連泊に。

5連泊の宿泊中は風呂に入ってはゴロ寝の
まさにダラダラ湯治に徹してしまうだけだ。
夕食は最近はたいてい車で数分の東鳴子温
泉にある焼き肉屋「八兆」で済ます。今回
も夕食は4回も焼肉三昧だった。本当は5
回とも焼肉にしたかったのだが、火曜日が
定休日でそれはなしに。とにかくここの焼
肉は安くておいしいし、マスターとのおし
ゃべりも楽しい。営業は午後5時から。素
泊まりして夕食は八兆で焼肉は楽しいよ。

焼肉も美味しいのだが、鳴子で素泊まりの
時にもうひとつ美味しいものが鯉料理。東
鳴子温泉にある「氏家鯉店」で鯉のアライ
(1人前なら300円程度買うとたっぷり)、
鯉の甘煮(1切れ270円)を買って、宿
でご飯のおかずに酒のつまみにするのだ。
鯉が好きなのもあるが、今回も昼飯用、夕
食用と3回食べてしまった。良い湯におい
しい焼肉、鯉とリーズナブルで大満足の湯
治となった。

Takatou01

Takatou02

Takatou03

Takatou04

Takatou05

Takatou06

Takatou07

Hattyou01

Hattyou02

Hattyou03

Hattyou04

Hattyou05

Koi01

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

あまりに暑すぎた北東北ドライブ旅行その6、「ホルモン幸楽」で安くて美味しい焼肉ホルモン定食

太陽ギラギラで車の外にいるとぶっ倒れそうなの
だが、車の中にいる限りエアコン効いて問題なし。
渋滞などまったく縁なしのご機嫌なドライブが楽
しめる。東北ドライブは本当にご機嫌なのだ。

「水軍の宿」から約90キロを1時間半ほどで小
坂町の「ホルモン幸楽」に到着。ちょうど開店し
たばかりで早速店内へ。

すでにここは3回目で昨年10月以来。どれほど
の量なのかなど十分分っているので、考えるまで
もなく「ホルモン定食」を注文。

唐辛子とニンニクが利いた甘辛出汁に入ったホル
モンが食欲をそそる。ジンギスカン鍋にそのホル
モンを出汁ごとドサッと載せ、その上にざく切り
のキャベツをたっぷり載せてしまうだけのシンプ
ルな料理。

それにご飯、具たくさんみそ汁、お新香、山菜の
小鉢、コーヒー(と言ってもインスタントだが)
で600円とコストパフォーマンス抜群だ。

グツグツ煮の甘辛出汁で煮込まれたホルモンとク
タクタになったキャベツの美味さがたまりません。
腹一杯になる。

小坂町は鉱山街としてかつて発展した街だが、今
はその歴史展示館や当時の繁栄を彷彿させる白亜
の大きな洋館(鉱山事務所だった建物)や鉱山労
働者の楽しみだった劇場(康楽館として整備され
一流歌舞伎役者の公演まで行われる観光名所)な
どが残っていて、散策も楽しい街だが、すでに何
回か来ているし、あまりの暑さに今回は散策する
気にもならなかった。

Kouraku01 Kouraku02 Kouraku03 Kouraku04 Kosaka01 Kosaka02

| | コメント (0)

2010年7月10日 (土)

下北半島までひとっ走り温泉巡りドライブその2、抜群に安くて量もたっぷりと評判の海鮮丼をついに佐井村福浦にある「ぬいどう食堂」で堪能

今回のドライブ一人旅はもちろん温泉巡りが
主体なのだが、たまには観光目的も良いだろ
うと仏が浦観光を目的にしてまずはそれを達
成。

もうひとつの目的が仏が浦から車で10分ほ
どカーブの多い山道を大間方面に走った佐井
村の福浦地区にある小さな食堂「ぬいどう食
堂」でウニのたっぷり載った海鮮丼を食べる
こと。

仏が浦見物が終了したのが午後12時過ぎに。
急な階段などの上り下りもしてお腹も空いて
ちょうどタイミングもいい。ワクワクする思
いで山道を走らせて、福浦地区へ。「ぬいど
う食堂」は国道と村道が変形交差する交差点
にあるのだが、山道から降りて来るとかなり
見落としやすい位置にある。

信号が赤信号でたまたま止まり、右を見たら
なんとそこに店があった。店の前に駐車して
早速店内へ。人気店なので行列が出来る時も
多いそうだが、座敷席に1組がいるだけ。

とにかく、ウニ丼(1500円)が有名らし
くて、丼の御飯が見えないどころか溢れるほ
どのウニがてんこ盛りという評判。そして、
もうひとつ人気なのが、「歌舞伎丼」という
名のウニ、アワビ、イクラ、イカ刺身の4色
丼で、それは1000円。

ほとんどの客がその歌舞伎丼を注文するよう
で、当然初体験の私もその丼を注文。厨房で
はおばさん二人が忙しそうに料理を作ってい
るが、女将さんのほうは一言声をかけるとお
しゃべり好きなようで楽しい会話となり、ニ
コやかな笑顔が素敵だ。

出て来た歌舞伎丼は丼の上にはたっぷりのマ
イカの刺身、イクラが載り、その上にこれで
もかというほどのウニがてんこ盛り。これら
の食材は女将の旦那さんが朝穫って来た新鮮
なものばかりで、今回はアワビがたまたまな
くて、その代わりにウニをてんこ盛りにした
とか。ウニ丼だとウニがもう丼から溢れるば
かりに載るそうだ。メニューを眺めていると
すべて制覇して行きたい気分になる。

歌舞伎丼を含めてすべてにはみそ汁(ムール
貝に似たマルゴとか)、お新香のほかに、日
によって替わるが小鉢がいくつか付いて来る。
今回はかなり分厚く切ったプリプリのヒラメ
の刺身、何かの海藻、魚のツクネダンゴのよ
うなものが付いて来た。この小鉢類だけでご
飯が進みそう。

歌舞伎丼とは面白い名前なのだが、福浦地区
には伝承歌舞伎があり、その舞台もあるとか
で、そこからの命名とか。また、「ぬいどう」
という食堂名は近くにある「縫道石山」とい
う山の名前から来ている。

とにかく、朝穫りの新鮮なムラサキウニが口
の中で溶けるような感触でほろ甘く濃厚な旨
味が口いっぱいに広がる。マイカの刺身も量
がたっぷりで、ご飯のほうが量が少なく感じ
るほど。これほどたっぷりと一気にウニを食
べた経験は初めてか。小鉢の料理も美味くて、
あまりのコストパフォーマンスの良さに大感
激。

またまたすぐにでも来たくなる店だ。ウニ丼
は4月から8月末までの期限限定メニューら
しく、これは再訪しなくちゃねの気分になっ
てしまった。

Nuidou01 Nuidou02 Nuidou03 Nuidou04

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

久し振りに京成立石の「鳥房」で若鶏唐揚げ堪能。60周年記念販売のユニクロ、銀座店で早朝から2000人行列は貧乏化進行の日本の象徴か

最近ちょいと寒さ厳しい日が続いていたが、昨日は気持ち良
い快晴。ということでお散歩がてらデジイチをぶら下げて荒
川河川敷をブラブラ散策しながら葛飾区立石の京成立石駅方
面まで行ってしまった。なんとなく行ったというより最初か
らそこへ行くのが目的だったんだが、久し振りに京成立石の
人気店「鳥房」で鶏の唐揚げを食べて来た。

「鳥房」は鶏肉販売のお店だが、午後4時から店舗の奥のほ
うが居酒屋として営業するのだ。鳥刺しなどもあるが、なん
と言っても人気メニューは若鶏の半身の唐揚げ。じっくり揚
げてあるので、小骨などもバリバリ食べられてしまう。その
かなり大きめの半身の唐揚げがキャベツの上にドーンと乗っ
て出て来るシンプルな料理。

午後4時からの開店なので20分ほど前に着くと、なんと2
0人以上がすでに行列。店内がそれほど大きくないので、開
店時には入店できず、結局1時間近くも待つことに。立石に
は他にも安くて美味い居酒屋があるのでそちらのほうに行こ
うかなとも思ったが、座る椅子もあるので、久し振りに唐揚
げを食べたい気分で来たのでじっと我慢の子で待つことに。

頼んだのはビンビールとその鶏の唐揚げ1人前だけ。とにか
くその唐揚げだけで小食の私は満腹になってしまうのが過去
の経験から分っているので、今回は他のメニューはなしに。
だが。美味いことは美味かったが、今日のはちょいと揚げ方
が強かったのか、ジューシーさが不足気味だったのが残念か。
Torifusa01 Torifusa02                    Torifusa03     

                              
                              
                               
                                 
                                               
                            
                      
                        

帰宅してニュースサイトを見ていて、日本もホンマに貧乏に
なったのかなと実感させるような記事があった。各メディア
が記事にしていたが、わりに詳しかった日経新聞の記事によ
ると
◆◆◆◆◆◆◆
ユニクロ、創業60周年記念し朝6時からセール 銀座に2000人以上
 ファーストリテイリングは21日、傘下の衣料店「ユニクロ」約400店で、朝6時からの早朝セールを実施した。東京都中央区にある旗艦店「ユニクロ銀座店」には、午前6時の開店前に2000人以上が行列をつくった。
 ファーストリテイリングのセールは創業60年を記念したもので、12月31日まで実施する。初日の11月21日に、国内のユニクロ店舗の半数にあたる約400店を早朝から開いたのは、1984年のユニクロ1号店の開業時間を再現する趣向。当時と同じく並んだ人には朝食としてアンパンと牛乳も配った。
◆◆◆◆◆◆◆
この寒い中、しかも寒さのキツい早朝からたかがユニクロの
激安衣料購入のために行列するのにびっくり。最近は銀座に
はほとんど行っていないので知らなかったが、銀座にもユニ
クロがあったんだ。

ファーストリテイリングが創業60年って、フリースでブー
ムになって一気に拡大したのはつい10年ほど前と思ってい
たが、意外に古い企業なんだ。ってことで、調べてみたら、
もとは田舎の家族経営程度の小さな洋品店だったんだね。そ
れを2代目社長が一気に大企業にしたんだからたいしたもん
だまったく。

まあ、ユニクロの衣料はフリースなどいくつか持っているが、
基本は普段着。たまに近くのユニクロを見てみてもほとんど
欲しい商品もないんだが、早朝から並んでまで買いたいもの
ってそんなにあるのか実に不思議。それより激安衣料購入で
早朝から行列ってのは日本も相当に貧乏化が進行している象
徴なのかなと微妙に心配。それを示すのがアンパンと牛乳の
配布か。なんだかユニクロが救世軍になったみたいな侘しい
日本の年末というとこか。

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その19、高東旅館で湯治の夕食は「八兆」で焼肉と「氏家鯉店」のアライと甘煮

「高東旅館」では部屋に冷蔵庫もあるので買
い込んだ食糧やビールなども大丈夫だ。この
宿に宿泊すると、素晴しい変化に富んだ湯の
ある鳴子温泉なのだが、それでも外出してま
で日帰り入浴をする気があまりなく、宿の湯
に入っては部屋でごろ寝、読書したり、パソ
コンで音楽聴いたりしながら買い込んだ食糧
を食べてダラダラ過ごすことにたいていなっ
てしまう。

しかし、夕食だけは外食と言うことで、この
ところたいていは東鳴子温泉にある焼き肉屋
「八兆」での食事だ。16日の夜も「八兆」
へ。車で行くので、せっかくの焼肉なのに酒
が飲めないのが残念だが。

とにかくこの店の焼肉は安くて良質だ。そし
て、鳴子温泉マニアが集まるようで、今回も
その一人とおしゃべり。

ブログ「づれづれ草」の「ぽち」さんだった。
仙台在住の方だが、鳴子温泉がとにかくお好
きなようで、頻繁に来られているようで、ち
ょっと羨ましいほど。「ぽち」さんの名前通
り、肉食のようで、八兆の常連で食欲旺盛の
方でした。

17日の夜も「八兆」で焼肉にしようかと思
ったが、「そうだ、鯉を肴に酒だ」と、これ
までに何回か食べている東鳴子温泉にある鯉
の店「氏家鯉店」へ行き、アライと甘煮を購
入。元から鯉は好きだが、この店の甘煮はか
なりの美味さで、洗いも新鮮で添付してくれ
る酢みそがこれまた美味くて、酒がドンドン
すすむのだ。

酒の肴と言うことで、宿の部屋でのんびりと
宴。日本酒が美味い。焼肉と鯉、そして温泉、
10日間ぐらい鳴子温泉で長期湯治がしたく
なって来た。
Hattyou01 Hattyou02 Koi01

| | コメント (2)

突然にまたまた青森までの温泉巡りドライブ旅行その12、野湯のあとは「幸楽」でホルモン定食味わい、小坂町をぶらぶら散策

奥奥八九郎温泉を楽しんだら、ダートを対
向車が来ないのを祈りながら戻ったが、戻
りも対向車なくて無事脱出。15分ほど走
れば小坂町中心部に。

小坂町は鉱山の街として大きく発展した街
だが、今は廃鉱となっていて、その歴史展
示館や当時の繁栄を伺わせる素晴しい白亜
の洋館(鉱山事務所だった建物)や鉱山労
働者の楽しみだった劇場(康楽館として整
備され一流歌舞伎役者の公演まで行われる
観光名所)などが残っていて、散策も楽し
い街だ。

その観光以外の楽しみが鹿角に本店がある
とかの焼肉店「幸楽」の支店でホルモン定
食を食べること。今年の5月に食べてすっ
かりお気に入りになり、奥奥八九郎温泉の
あとはここで昼飯が楽しみだったのだ。

丁度11時開店直後に店に到着。店に入っ
てびっくり。出て来た女将さんがさきほど
奥奥八九郎温泉で入浴していて、すぐに去
っていた女性二人のうちの一人だったのだ。
5月に来た時に見た女将の顔は忘却の彼方
にあったので、まさか入浴していたのが女
将だとは全く思いもしていなかったわけだ。
それにしてもあまりに奇遇だ。

女将さんのほうも「私たちと入れ替わりに
温泉にやって来た人じゃない」とびっくり。

前回は3種の肉の盛り合わせのミックス定
食(1000円)を頼んだが、量が多かったの
で、今回はホルモン定食(600円)を注文。

唐辛子とニンニクの利いたたっぷりの甘辛出
汁に入ったホルモンがジンギス汗鍋にドサッ
と載せられ、その上にざく切りのキャベツが
たっぷりの単純明快な料理。

温泉で会ったのも何かの縁とちょっぴりと肉
もサービスとか。あとはご飯、みそ汁、たっ
ぷりのお新香、山菜の小鉢と抜群のコストパ
フォーマンス。グツグツ煮て来たホルモンの
美味さ、出汁で煮込まれたキャベツと絶品の
美味さ。すべて完食してお腹いっぱいに。女
将さんのおしゃべりも楽しく、御機嫌な店だ。

食後は鉱山事務所前へ車を移し、面白い彫刻
など撮影がてらブラブラと腹ごなしの散策。
来年の雪解け時にはまた来なくちゃね。
Kouraku01 Kouraku02 Kouraku03



Kouraku04 Kouraku05



Kosaka01 Kosaka02 Kosaka03









Kosaka04 Kosaka05 Kosaka06

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング | デジカメ | ドライブ | ニュース | パソコン・インターネット | 京都 | 伊豆 | 佐賀県 | 埼玉県 | 大分県 | 奈良 | 奈良県 | 宮城県 | 山形県 | 岡山県 | 岩手県 | 広島県 | 心と体 | 愛媛県 | 新潟県 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 栃木県 | 温泉 | 神戸 | 福島県 | 秋田県 | 経済・政治・国際 | 群馬県 | 茨城県 | 趣味 | 長野県 | 青森県 | 音楽 | 05年10月 | 05年11月 | 06年10月 | 06年11月 | 06年12月 | 06年2月 | 06年3月 | 06年4月 | 06年5月 | 06年6月 | 06年7月 | 06年8月 | 06年9月 | 07年01月 | 07年02月 | 07年03月 | 07年04月 | 07年05月 | 07年06月 | 07年07月 | 07年08月 | 07年09月 | 07年10月 | 07年11月 | 07年12月 | 08年01月 | 08年02月 | 08年03月 | 08年04月 | 08年05月 | 08年06月 | 08年07月 | 08年08月 | 08年09月 | 08年10月 | 08年11月 | 08年12月 | 09年01月 | 09年02月 | 09年03月 | 09年04月 | 09年05月 | 09年06月 | 09年07月 | 09年08月 | 09年09月 | 09年10月 | 09年11月 | 09年12月 | 10年01月 | 10年02月 | 10年03月 | 10年04月 | 10年05月 | 10年06月 | 10年07月 | 10年08月 | 10年11月 | 10年12月 | 11年01月 | 11年02月 | 11年03月 | 11年04月 | 11年05月 | 11年06月 | 11年07月 | 11年09月 | 11年10月 | 11年11月 | 12年01月 | 12年05月 | 12年08月 | 12年09月 | 12年11月 | 13年06月 | 13年08月 | 13年9月 | 14年04月 | 14年05月 | 14年06月 | 14年07月 | 14年09月 | 14年10月 | 15年01月