ドライブ

2022年5月14日 (土)

東北方面が来週は晴れマークだらけってことで急遽明日から湯治ドライブ旅行決定。ゼロ円運用で使用してきた楽天モバイルがゼロ円運用廃止でがっくり。どうするか思案中の71歳高齢者のスマホ事情

なにげにネットの天気予報サイトで週間予報見ていたら、東京はいまいちスカッとしない天気が来週も続くんだが、東北方面は来週ほぼ天気マークが並んでいて、雨マークがほとんどない。これはドライブに行かなくちゃなと、夕食後に急遽東北への温泉湯治ドライブ旅行へ行くことに決定、明日早朝に出発することにして、速攻で3台のパソコンなど入れたショルダーバッグ、洗面具類、充電器類を入れた2つの小型バッグを準備し、車に積載。着替え類などはいつも車に積載しているから問題なし。あとは財布、スマホなど貴重品類をウェストバッグに入れて準備完了。まあ、毎度のことで予定・日程なしのドライブ旅行だが、体調がそれほど万全ではないので、湯治療養が主体なのでやはりいつもの鳴子温泉での連泊湯治だろうね。ルートだけはその時の気分次第。

 

というわけで、4月中旬の湯治ドライブに続いての旅行になるが、その旅行に必携なのがスマホだ。テザリングを利用してパソコンでネット接続するにはなくてはならないものだ。ただ、最近は宿泊先でもWi-Fiが整備されていることが多く、チェックインすればテザリングは利用しないので、スマホでのネット接続容量はそれほど必要ない。

 

旅行やちょっとした外出以外の普段は在宅で、株式売買も含めてほぼ一日中Wi-Fiをフル稼働なので、スマホもWi-Fi接続で使っているので、1ヶ月に1GBあれば間に合う。ほとんどスマホでのモバイル接続をしないときもあるほどだしね。通話も外出中や旅行中にわずかに使用する程度。

 

そのために、ネット接続容量は基本的に1GBあればいいので、現状契約している2つのモバイル回線ではほぼ0円運用ができる状態だ。

 

契約しているひとつは2年ほど前に契約した楽天モバイルだ。2年前まではネット接続だけのためにDMMモバイルを数年間1GB500円ほどで利用していた。通話の方は20年近く1年間1万円で100分の通話ができるauのプリペイド携帯を利用していた。しかし、その携帯電話が3Gとかで使用不能になったために、通話をどうするかと思案していたときに楽天モバイルなら1年間完全無料でネット接続利用でき、さらに通話は楽天リンクなるアプリを利用することでこれまた完全無料とかで、速攻で契約。

 

しかも驚くことに、スマホ本体も楽天miniという小さなスマホが無料なのにさらに楽天ポイントまでくれるというわけで、昨年9月までそのスマホ(ただ、バッテリーが小さすぎるが)でネット接続、通話完全無料で使っていた。(そのうえ驚くことに、ちょっと前に楽天mini購入者に限定数だが、楽天handが無料贈呈されたのだ)

 

そのほかに、昨年夏に評判の良かった「OPPO RENO A」が1円で購入できるというOCNモバイルの契約もした。回線がドコモで地方でも安心だし、1ヶ月800円弱とちょっと高かったけどね。そのOCNモバイルはつい最近解約。OPPOを楽天回線で利用することにした。ただ、楽天miniはeSIMなので、普通のSIMに交換(それも楽天は無料だよ)してもらい、無事楽天モバイルで利用している。楽天miniは楽天Edy専用機にしてしまった。楽天Edy利用ならバッテリー残量がある限り、電源オフにしていても利用できるからだ。

 

その楽天モバイルだが、1年経過したときは解約して他の回線契約するかなと考えていたら、1ヶ月1GBまでのネット利用ならなんとゼロ円という楽天アンリミットⅥってのが1年ほど前に始まり、解約することなく使ってきて、ほぼゼロ円運用できてきた。そんなものが楽天の経営上もいつまでも続くとは思っていなかったが、わずか1年でゼロ円が廃止になり、新しい楽天アンリミットⅦというものになり、7月からは3GBまで税抜980円となり、ほとんど使わなくても980円かかることになった。

 

これはスマホでモバイル回線でネット接続を外出時や旅行中ぐらいにわずかしか使用しない自分にはかなり痛い。OCNモバイルを解約したあと、2年ほど前に買っていたHUAWEIの「MATE 20 lite」があったので、それを利用してPOVO2を契約しているんだが、これも基本的にはゼロ円運用できる(ただ、1年に2回ほどはGBトッピングしないと解約の恐れがあるので、完全無料ではない。しかし、そのトッピングを2回しても700円程度で、それで通話もできる回線が使用できるって以前では考えられない)し、回線がauなので地方でも安心感があるからね。

 

というわけで、旅行中などにネット接続したいだけの私などには現状では柔軟にトッピングを選べるPOVO2が最高。それだけでモバイル回線は十分なのだが、セロ円運用できる限りは楽天モバイルも契約しておきたかった。なにしろ楽天リンクで通話が無料だしね。まあ8月頃には楽天モバイルは解約するだろうが、せっかく使いやすい「OPPO RENO A」があるので、安いどこかの回線を契約するかなと考えている。その候補としては日本通信の「合理的シンプル290プラン」で、通話できてネット容量1GBまでなら290円と激安だ。しかも通話も30秒11円と他の半額程度で。ドコモ回線ってのも魅力的だ。

| | コメント (0)

2022年5月 2日 (月)

体調の悪さに、とにかく湯治だと4月17日から7泊8日で今年一回目の東北湯治ドライブで、鳴子温泉・川渡温泉の定宿「高東旅館」でのんびり5連泊湯治してきた

もう5月なのに、この寒さはちょっときついね。この数日は東京もかなり寒くて、5月になった今日なんてエアコンで暖房をオンにしてしまったぐらいだ。体調悪いのに暖かくなってからの急激な寒さの戻りは体にこたえるね。

 

というのも、4月17日から24日まで7泊8日で今年はじめての東北への湯治ドライブ旅行をしてきたばかりで、旅行中は暖かくて晴れが続いて、のんびりと温泉三昧で快適な日々を過ごしていたからで、東京に帰宅してからは湯治していた鳴子温泉より寒い日々でげんなりなんだ。

 

そろそろ雪解けだし、ドライブも大丈夫だろうと考えていて、長期天気予報をなにげに見ていたら、毎度のドライブコース地点がほぼ1週間雨マークなしだ。これは行くしかないよねってことで、4月16日の夜に、17日早朝から湯治ドライブ旅行へ出発を急遽決定して、パソコンや薬など持参すべきものを1時間ほどでバッグに詰めて、車に搬入しておいて、速攻で準備完了で早めに就寝。

 

とにかく湯治したかった。脊髄手術を4回もしていて脊椎ガタガタで、手足のシビレがきつくて、歩くのも鬱陶しいし、手のシビレがきつくてパソコンのキーを打つのも面倒な気分なのに、1月末頃から両肩が痛くなり、就寝中や特に起床時には腕をちょっと動かすだけで我慢できない痛みが襲ってくるようになった。痛み止めなどで少しは和らぐのだが、風呂に入ったあとなどはかなり痛みが緩和する。それだからこそ早く湯治に行きたかったのだ。

 

両肩の痛みも脊椎から来るのかなと思っていたんだが、レントゲン、MRI撮影で検査したところ、腱板断裂になっていることが判明した。これまでの人生で肩が痛むなんて一度もなかったんだが、YouTubeで検索してみると、腱板断裂ってのはかなり発生件数が多いようで、数多くの動画があった。ググってみると、発症は若い人ももちろん多いが、70歳代(なにしろもう71歳の老体だ)では腱板断裂は50〜60%程度発症しているとか。しかし、痛みが発生するのが意外に少ないようなのだ。断裂自体は小さい方なので手術までは必要ないだろうとのことで、様子見して、痛み止め薬で対処になった。

 

そうなると、もう湯治してのんびりとするしかないわけで、GWの混雑する連休前にとりあえず今年一回目の湯治をすることにした。体調もそれほど良くないので、いつもならドライブ自体大好きなので、青森県あたりまで長距離走行のドライブをするのだが、日帰り入浴などしないで、おなじみの鳴子温泉は川渡温泉の定宿「高東旅館」での湯治だけにすることに。

 

17日日曜早朝に東京を出発して、毎度のごとくに国道4号を北上して、今回は郡山、会津若松、喜多方、米沢から国道13号で暗くなるまでドライブだと、結局は午後6時過ぎにこれまたおなじみの道の駅「雄勝」まで走行した。途中で高東旅館に電話して、18日からの5連泊を予約。走行距離は490キロほどになった。渋滞もないしで快調に走れて、久しぶりにドライブを堪能した。

 

その「雄勝」で車中泊となり、途中で仕込んだ食材と酒で夕食して、早めに就寝。ドライブでの適度な緊張と疲れで心地よく爆睡できた。

 

道の駅の産直売り場や東鳴子温泉の薬王堂で5連泊分の食材や酒類などを買い込んで、高東旅館には昼前にはチェックイン。連泊中は一日に数回ごきげんな温泉にゆったりと入浴して、ごろ寝したり、パソコンで株式チェックもしたり、音楽聴いたりなど毎度のダラダラ湯治生活満喫。毎度のごとくに、昼飯には氏家鯉店で購入の鯉のアライとうま煮を味わい、夕食は火曜日の休業以外は焼肉「八兆」で安くて美味い肉と魚。

 

鳴子温泉に宿泊したあとなど山形方面へ走ると、必ず寄るのが大石田町の最上千本団子で、アンコたっぷりの団子を2〜3本買い込んで、昼飯代わりに食べるのが楽しみの一つ。アンコのあまりの多さに3本も食べると腹いっぱい状態になる団子で、特にずんだとくるみはダントツの美味さだ。それが、今回は23日の土曜日午前11時過ぎに店に到着したのだが、なんとかなり大きめの駐車場が超満車状態で、これまで見たことのないほどの大行列。駐車もできないので、今回は断念。帰宅してからツイッター見ていたら、「ケンミンショー」で直前に放送されたそうで、その影響だったよう。

 

湯治していると、ほんま体が楽になるというか、シビレや痛みが緩和してくる感覚があり、1ヶ月ぐらいずっと湯治していたいぐらいになる。しかし、どうも飽きやすい質なので、同じ温泉では5日から7日間程度がほどよいようだ。まあ、すぐにでもまた行けば良いのだが、GW中なんてのは渋滞にもなるし、旅館も混むので当然東京でじっとしているのに限るわけで、次に行くのはGWの終わる5月7日頃がいいかなと思案中。

| | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

東北温泉湯治ドライブ旅行専用車みたいな愛車、ホンダ・シャトルの5年目の車検が完了。バッテリーも交換し、近くタイヤも交換で、雪解けの東北へのドライブも準備万端だ

東北方面への湯治ドライブ旅行専用車みたいになっている我が愛車ホンダ・シャトルの5年目の車検を済ませた。期限は4月末なんだが、1ヶ月前から車検受けられるので、今年1月初めにさっさと予約をしていた。そんなに早く予約するなんてまあ普通に車検受けるだけなら必要もないだろうけど、20数年前からずっと車検をしてもらっているのが全国チェーンと言うかコバック車検というやつで、早期予約するといろいろと割引サービスなどがあるから、早めの予約はかなりお得になる。

90年代は自宅に近い足立区内のコバック車検でやっていたが、そこが廃業したんで20年ほど前から足立区内ではなく、埼玉県のコバック車検に。まあ、車だとちょっと走るとすぐ埼玉県だしね。

それにしても、デザイン大好き、性能も十分で23年間乗っていた前の車、マツダのランティスをまだまだ乗ろうと思っていたのだが、マニュアルシフト車なので、脊髄手術3回やって、どうも足の痺れがきつくなってきて、左足でのクラッチ操作が俊敏にできなくなって、1977年に車乗りはじめて以来ずっとマニュアル車愛用だったのだが、5年前にとうとう断念して、オートマ車にすることに。面白くはないけど、楽だね。

で、何にするかと、カタログ舐め回したら、5ナンバーで車中泊などに最適で、しかも鬱陶しいハイブリッドじゃないのは、ホンダのシャトル(基本的にはハイブリッド主体でガソリン車は安価設定のワンランクのみ、しかし、基本装備などほとんど変わらず)ぐらいしかなく、試乗も一切せずにディーラーに初訪問で1時間ほどで即決した。

早いもので、それからもう5年も経過した。1回目の車検である3年目車検は走行距離が約36000キロだったのだが、この2年はコロナ禍もあり、とくに一昨年は夏場辺りまで東北へドライブしても旅館にも宿泊できず、日帰り入浴さえ不可能状態だったので走行距離もさっぱり伸びず、2年ほどで12500キロぐらいにしかならなかった。

それでも、5年間で49000キロ近く走行したわけだ。点検では特に交換しないと車検が通らないというものはなかったが、バッテリー(アイドリングストップは一切使用しないで、エンジンオンすると即アイドリングストップは切っているんだが)は交換を勧められ、まあ、安心を買うのもあり交換することに、約2万円ちょい。あとは毎回だが、ブレーキオイル交換、そして発煙筒交換。そして、エンジンオイルとエンジンオイルフィルターの交換は無料サービス。結果、85000円ほどに。バッテリー、ブレーキオイル、発煙筒交換を別にすると6万円弱だし、まあ安いんじゃないかな。

あと、タイヤのスリップサインがそろそろ出そうなので、その交換も一応勧められていた。バッテリーも交換したし、やはりタイヤも新品だよねと、ネットで検索していたら、楽天カーシステムってのがあり、楽天市場でタイヤを購入と同時に、自宅の近くのコスモスタンドなどで交換調整してくれるチケットを買うと、交換日時の指定などがあっという間に完了、タイヤはその交換してくれる場所に配送され、指定日時に行くだけという実に便利なシステムだった。

買ったタイヤはグッドイヤー製で交換費含めて35000円弱で収まった。本当はブリヂストンにしたかったが、かなり高めになるし、この5年間1回も高速道路利用もしないほどだからまいいかと。イエローハットなどで激安のもあるが、中国製とかの訳のわからないメーカー名だし、グッドイヤーならまあ安心だ。というわけで10日ほど後にタイヤ交換予定で、そのあとそろそろ雪解けだし、東北へ温泉湯治ドライブだね、

| | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

足のしびれとかほんま体調悪いんで、雪道なんか歩くと転倒必至なんで東北湯治ドライブ旅行ができないので、自分的最高なドライブ旅行を妄想してみた

足のしびれとかほんま体調悪いんで、温泉地でのんびり湯治したいんだが、都内で歩くときもステッキ使ってフラフラ気味なのに、行きたい温泉地はすべていまだ雪の中ってことで、雪道なんか歩いたら転倒必至で危険すぎるわけだ。ということで、ツイッターなどネット上で温泉大好きさんたちが鳴子温泉や肘折温泉や大沢温泉など様々なごきげんな温泉で雪見風呂など楽しんでいるのを羨ましく見るだけ。

ってことで、雪解けを迎えるまで東北湯治ドライブ旅行ができないので、自分的最高ごきげんな湯治ドライブ旅行を妄想してみた。これまで毎年何回か実行している東北湯治ドライブ旅行は7日〜10日間ぐらいの日程が多く、基本的には退屈な高速道路は使用せずに、下道走ってバラエティに富んだ道の駅巡りや美味しいものが食える所などをブラブラ寄りながら日程・予定なしでその時次第で、天気予報など勘案しながら適宜ドライブが楽しい。で、温泉だけでなく、ドライブ自体を楽しむのも基本なので気分次第で一日に走る距離は決めない。道の駅での車中泊なら暗くなる前に道の駅に到着するようにし、宿泊ならできるだけチェックイン時間には到着できるようにして、その宿の湯をたっぷり楽しめるようにする。

そして、できるだけ大好きな青森県まで足を伸ばすのを目標にしているのだが、体調や天気によって青森まで行かないことも多い。青森まで足を伸ばしたら、津軽半島一周か下北半島の大間崎まで行き、下風呂温泉で宿泊して、恐山の温泉で入浴をしたいんだが、津軽半島か下北半島どちらにしてもとにかく東京からは遠すぎるんだよね。まあそれでも、これまで何回も行っているんだけどね。

Photo_20220220012201

というわけで、妄想ドライブだが、東京を出発するのは土曜か日曜日の早朝が最適だ。トラックが少なくて国道4号が混む宇都宮までがスムーズに走れるからだ。宇都宮を過ぎると国道4号もわりにスイスイ進むからね。で、最近のルートは国道4号を北上して、国道289号へ左折して、道の駅「下郷」を経由して、会津若松から喜多方、米沢へ抜けて、国道13号で北上するか、国道287号を北上するかになる。国道287号での北上は途中に道の駅がいくつもあり、温泉もあるので楽しいコースで、そちらを選ぶほうが多いかな。

どちらのコースを取るにしても、山形県の東根温泉あたりを走るので、時間があると東根温泉での入浴もごきげんだ。さらに13号を北上すると、大石田町の最上川千本団子(ここは旅行の最後に連泊する鳴子温泉からの東京へ戻るときにも基本的に寄る)で抜群に美味い団子を買う。そして、夏場などは暗くなるのが遅いので車中泊でかなりお気に入りの道の駅「雄勝」まで一気に走ることが多い。秋になると午後5時前には暗くなるので、最近はトイレなどきれいで車中泊しやすい道の駅「朝日」か、道の駅「村山」になることが多いかな。

Photo_20220220012301

道の駅「雄勝」のあとは日本海側に出て五能線沿いに弘前まで行くか、角館経由で国道105号を北上して大館に出て、弘前かな。弘前のあとは津軽半島一周か、青森市へ出て、下北半島へ行き、道の駅「七戸」で車中泊して、上北あたりの温泉めぐりしたりし、どちらにしても鹿角へ出て、国道341号で田沢湖方面へ南下して、途中にあるごきげんな温泉で入浴したり、宿泊も考える。そして、最終的には(一人旅なら)鳴子温泉は川渡温泉の定宿「高東旅館」で5泊程度の連泊でのんびり湯治だね。湯治中は昼飯は旨すぎる東鳴子温泉の「氏家鯉店」の鯉のアライとうま煮を毎日飽きずに食べ、夜はこれも東鳴子温泉の焼肉店「八兆」に日参して、安くて美味い肉と魚三昧だ。

Photo_20220220012403


Photo_20220220012501

Photo_20220220012302


Photo_20220220012401


Photo_20220220012402

川渡温泉でのんびり湯治したあとは、山形方面に走り、まずはまたまた千本団子をゲットして、米沢・喜多方・会津若松経由で会津坂下町で国道252号へ。この国道は只見川沿いを走る最高のドライブルートで、途中にはいくつも温泉があり(特に金山町の共同浴場が最高)、たいていは道の駅「金山」で車中泊して、のんびりと東京へ戻ることにしている。この道の駅は綺麗なトイレのある24時間利用できる休憩所もあるし、平日はほぼガラ空きだし、すぐそばにある公民館には素晴らしい共同浴場もあり、車中泊には最適だ。そして最後の日は途中の湯の花温泉や塩原温泉で入浴しながらの帰京となる。ああ、ほんま早く雪解けとなり、こんな湯治ドライブがやりたいね。湯治中は体の調子も少しは良くなるしね。

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

東北湯治はもう終了に、楽しい時間はすぐに終わるね。不自由非民主カルト党のアホの双璧、アホーアッソー、アベシンゾーがバカさらし。そのバカ晒以上のバカ爆発させたのが、立憲民主党の江田憲司って言う奴で、NISAにも課税するとさ。ここまで経済無知のあまりのアホくさ

23日の夜にネットで天気予報見ていたら、1週間ほど東北方面は雨マークが26日しかなく、ほぼ晴れマークってことで、急遽東北へ湯治ドライブに行くことに決定、24日日曜日早朝に東京を出発して、26日から鳴子温泉の定宿、川渡温泉の「高東旅館」で5連泊してのんびり湯治。一日何回か極上の温泉に入り、酒飲んだりしてダラダラ過ごす湯治生活は最高や。こういう楽しい時間はすぐに終わってしまうってわけで、明日土曜日にはもうチェックアウトだ。一気に東京へ戻るのも疲れるので、いつものことだが、奥会津方面経由で帰ることにして、どこかで車中泊だね。

 

パソコン複数持参してるので、湯治しながらの株式相場チェックしたり、音楽聴いたり、読書したり、パソコンがあるだけで何でも出来ちゃうほんま便利な時代やね。宿にはWi-Fiも完備なのでスマホでテザリングする必要もないので安上がりに済む。

 

というわけで、たまにネットでニュースチェックしたりするんだが、相変わらずマスゴミはゴミ情報垂れ流しで、自民カルト政権勝利への有権者誘導的悪質な記事ばかりだ。ほんまどうしようもない日本マスゴミのゴミぶりやな。

 

で、ニュース見ていてのアホくさなんだが、まずは毎度の低脳バカぶりを晒してもそのテメエのバカぶりを全く認識できないほど脳細胞が破壊されまくっている口ひん曲がり野郎アホーアッソーのクソ発言やな。北海道へわざわざ行っての選挙応援演説で、この口ひん曲がりクズ耄碌野郎が「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった。農家のおかげか、違う。温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いてないが、いいことがある』とか、このバカにお似合いの認識不足を爆発させて、北海道の農業関係者たちを呆れさせたそうな。北海道のコメがうまくなったのは、農家や研究機関が長年努力して品種改良してきたためだろうが、政府なんてのは、温暖化でむしろコメがまずくなってきている現状を発表しているのに、脳細胞完全破壊のこのクソジジイを選挙区の有権者はいつまで祭り上げてんだよ。まあ、アベシンゾーと並んでの日本政界の悪質がん細胞みたいなもんだが。

 

そのアメポチで統一教会の手先の売国奴、アベシンゾーなんてのは、選挙応援とかに行っては反共のネガティブ発言こきまくってんだってね。まあ、モリカケ疑獄、桜を見る会疑惑、ゴミカビマスク問題、河井バカップル問題などテメエの犯罪でいつ逮捕されてもおかしくない現状で恐怖に震えての反共キャンペーンってとこかいな。その税金どこかへ垂れ流しの大問題の一つ、あのカビゴミだらけマスク問題だが、政府機関発表では、いまだに8000万枚以上が配布もされず死蔵され、保管費用だけでも6億円も無駄に消えてんだとさ。この感染防止機能皆無で、どこに発注されたかも不明で、税金どこかへ垂れ流しの常習犯アベシンゾーのゴリ押しだけで多額の税金が費消された大問題なんだが、アベの尻舐めマスゴミは追及もせずだ。アベシンゾーのゴリ押しマスク(調達の詳細も詳らかにできないってことは貴重な税金がアベの懐に転がり込んだってことでいいのかな。違うのなら、アベは詳細を国民に説明しなよクソ野郎が)なんだから、残っているマスクすべてをアベシンゾーが買い取れば済む話だな。こんなゴキブリ野郎に票を今回も投じるだろう山口県民ってのは、維新に票を投じる大阪府民と同類のクソゴミ共だな。

20211029-224557

不自由非民主カルト党のアッソーやアベのようなバカに匹敵するバカも野党にはわんさかだ。立憲民主党の党首らしいペンギンマンなんてのは資本主義そのものにも無知晒して、まるで正義のように金融所得課税強化とかわめきまくっているアホくさ。貯蓄から投資へと国民の金融リテラシーを上げ、少しでも投資しやすくするために投資単位を100株にし、NISAなどの少額投資の優遇措置も導入してきてんだが、ペンギンマンにはそういう金融リテラシーが完全に皆無。まあ、議員歳費で優雅な生活してるやつにはわからないんだろうな。

 

そのペンギンマンにも劣るような経済無知を晒したのが、同党の代表代行(しかも経済政策担当の大笑い)とからしい、元から大嫌いな江田憲司って奴だ。なんと、経済官僚出身のはずのこいつがBSフジのニュース番組に出演して、同党の政権公約で「1億総中流社会」を掲げたことに絡み、「今まで野党はばらまきだ、財源を示さない、と散々言われてきた。法人税と所得税の優遇税制は直す」と財源確保に向けた増税が必要だと主張したのに対して、キャスターが「それはNISAとか少額で低所得者が積み立てている株式運用に対しても30%にするのか。低所得者が積み立てている運用にも同じように30%(課税)?」と確認すると、江田は「(税金を)かけます」と明言したんだとさ。NISAに課税したらそもそもNISAという制度自体の否定じゃん。投票日直前に、江田って野郎は立憲民主党のネガティブキャンペーンしてんのと同じ(まあ元自民、維新のクズだが)だ。ここまでアホが経済政策担当とはあまりのアホくさにゲンナリ。やはり、現状の立憲民主党、とくに小沢一郎を貶めたペンギンマンらが牛耳る限り政権は無理だな。

| | コメント (0)

2021年10月23日 (土)

なにげにネットで天気予報サイトを眺めていたら、1週間ほど関東・東北は好天模様ってことで、急遽明日からの日程予定なしの東北湯治ドライブ旅行へ出発です

なにげにネットで天気予報サイトを眺めていたら、関東、東北とほぼ1週間ほどほとんど雨マークがない。あるのは10月26日の火曜日ぐらい。ドライブには最高の時期なので、速攻で東北方面への湯治ドライブ旅行へ明日から行くことに決定。まずは車にかけている車カバーを収納。今月始めの旅行から帰宅して以来それほど風の強い日もなかったので、ほとんどホコリもかぶっていなくて、窓ガラスを軽く吹いておくだけ。

あとは、パソコン2台を収納したバッグ、充電器類の小型ガジェットバッグ、メガネなどを入れたバッグ、カミソリなどの洗面具入りバッグと準備も直ぐに終了。車から離れるときには必ず携帯(10数年前に車上窃盗されて以来、貴重品は温泉入浴時にも常に持参していて、ロッカーなども利用しない)しているウェストポーチに財布、スマートキー、スマホ2台、家の鍵、普段飲んでいる薬など貴重品を入れておく。以前はカメラ2台などを収納したカメラバッグも持参したのだが、最近は手のしびれがきつくて、シャッターを切るのがうまく行かなくて、メモ代わりの写真はタッチでシャッターが切れるスマホのみになった。山のように所有しているカメラ関係機材がまったく機能していないのがもったいない限りで、処分するかどうか思案するばかり。

ところで、ドライブの日程だが、今回もいつもと同じで、日程・予定一切なしで、とりあえず東北方面へ北上していくだけが決まっているだけ。すでにアスピーテラインや酸ヶ湯方面では雪も降っているようなので、どのルートにするか毎度のことだが、悩むのも楽しいわけだが、今年は7月に腰椎の手術をしたし、今回もあまり無理をせずに鳴子温泉でのんびり湯治にするかな。そうなると連泊を何日にするかが悩むんだが、あまり長くても飽きやすい質なのでやはり5連泊ぐらいかな。その前と後をどうするか、ドライブ旅行って出発前に地図帳を広げて色々考えるの楽しいんだよね。ということで、明日早朝に東京を出発です。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

気づいたらブログを1ヶ月以上も放置。たまには書かなくちゃね。4回目の脊髄手術の術後療養も兼ねて7月末には8泊9日の温泉ドライブ。なんと、8月下旬にはドライブ旅行と考えていた下北半島の下風呂温泉などが水害で大被害に

3月ころから発症した右脚の坐骨神経痛があまりに酷いんで、その原因である腰椎黄色靭帯嚢腫除去の手術のために7月1日に入院して、2日に無事手術完了して、結局2週間入院して14日に退院した。入院中に3本ブログを書いてはいたんだが、退院後はブログのことなどすっかり忘却、株式以外は音楽や映画でダラダラ過ごして、術後療養湯治ということで7月22日から30日まで毎度おなじみの鳴子温泉は川渡温泉の高塔旅館に4連泊したのを含めての青森津軽から七戸、三八上北を適当に湯巡りして、最後は只見川沿いの大好きなコースをドライブしての毎度のルーティンコースをドライブしてきた。東北も暑かったが、夜は東京とは違いぐんと涼しくなり、道の駅での車中泊でも問題なく熟睡できて、旅行を楽しめた。


 


というわけで、どうでもいい利権五輪は開会式もまったく見ず、東京に戻ってもあまりの暑さにへたり気味で、もとから興味ナッシングの五輪は競技のほとんども見ることなく、ニュースなんてもまるで見ないで過ごしていたら、あっという間に利権祭りは終わっていて、人の流れが一気に増加もあって、コロナ感染も想定通りに爆増して、国民の命なんてものにはなんの興味もないスダレ政権のボロボロぶりが開陳されるばかりのアホくさ。国会議員になるまで投票をしたこともないというクソ女、テレ朝アナだった丸川五輪担当デージン様(夫婦別姓には反対のくせに、テメエは別姓のクズゲスババア)は利権しか頭にないバッハIOC組長が銀座を勝手にぶらぶら散策したのを「不要不急かは自己判断」だとさ。しつこく国民には外出、移動、営業自粛を強要しながら、そうですか。ということで、国民の皆様も「自己判断」で好き放題に外出、旅行、外食を楽しみましょう。クソ政権のまともな補償もしない自粛強要に奴隷のごとくに従う必要なんてないってことやな。盆休みはどんどん帰省し、旅行もどんどんやりましょう。


 


ところで、毎年のようにドライブで行っている下北半島で、今月末にも恐山、下風呂温泉、大間へのドライブ旅行を計画していたんだが、これまで見たこともないような水害がその地域を襲った。むつ市から大畑、下風呂温泉、大間を結ぶ唯一の国道279号は海沿いを快適に走れる最高のドライブコースなんだが、海岸に山が直ぐ側に迫っているような地形で、今回の大雨ではその山が到るところで崩落して、国道279号を土砂が覆っている箇所がかなりの数に及び、これは復旧には相当の時間がかかる模様で、コロナ禍で痛手の大きい観光産業は壊滅的なんじゃないだろうか。素晴らしい硫黄泉と美味しい海鮮の味わえる大好きな下風呂温泉のことがほんま心配や。昨年末に新しい立派な共同浴場が完成したばかりなのに一刻も早い復旧を祈るしかない。その国道279号の寸断状況がよく分かる空撮映像があった。


 

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

10月の9泊10日の湯治ドライブ旅行に続き11月も毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館での4連泊湯治。ただ、青森までの予定が、雪が降り始めて断念で、ちょっと短い6泊7日のドライブ旅行となった

これまでこの16年間に胸椎、頚椎、腰椎と脊椎の主要部分3ヶ所をすべて手術して脊椎ガタガタなんだが、昨年夏にどうも調子悪いので、術後定期検診のときにMRI撮影をしたら、胸椎部分に新たに脊髄神経を圧迫している個所が見つかり、以来様子見なんだが、その影響か足の調子が悪く、体調もイマイチで、ネット徘徊もあまりやる気も起きないし、ブログなんて書く気がナッシング状態。状態が悪化すれば、4回目の脊椎手術になると思うと、とにかく気分重いわ。

温泉に入って湯治していると、なんとなく気分も体調もわずかに良くなるので、10月の9泊10日東北湯治ドライブ旅行のあと、11月初旬にも雪の降る前にのんびり湯治だと東北ドライブをしてきたんだが、当初はいつものように大好きな青森まで足を伸ばす気だったのが、一番お気に入りのドライブコースである八甲田や八幡平方面ではすでに雪が降り始めて、断念して、毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館での4連泊含めての6泊7日の車中泊含めてのドライブとなった。

鳴子温泉までの往復なので、結局は総走行距離は930キロとちょっと少なくて物足りなかったかな。やはり青森の津軽や下北まで走ると2000キロ前後になってドライブ自体を思い切り楽しめるんだけどね。まあ、それは来年の雪解け後の楽しみに。

出発したときには青森まで行く予定だったのだが、途中で天気予報で降雪を知り、鳴子温泉での連泊湯治主体に変更して、途中で高東旅館に翌日からの4連泊を電話で確保。途中温泉に日帰り入浴などして、適当に走るが、11月になると暗くなるのが早い。暗い中ドライブしても楽しもくないし、危険だということで、結局は午後5時前に山形県の道の駅「朝日町」に到着して、車中泊。この道の駅は新しくて、トイレもすごくきれいで、静かで車中泊に最適な道の駅。

ドライブ旅行で車中泊すると早寝早起きになり、実に健康的な生活になるんだよね。シャトルが一人ドライブのときには、後ろ部分が常にほぼベッド状態なので、夕食して酒飲んで、午後8時過ぎには速攻で就寝だ。

2日目は道の駅「朝日町」をのんびり午前9時過ぎに出発して、途中千本だんご買ったり、寄り道しながら午前11時半過ぎには鳴子温泉に。まずは東鳴子温泉の薬王堂で宿泊中の食材や酒類を購入して、昼前にはチェックイン。宿に滞在中はパソコンでたまに株価チェックしたり、音楽聴いたり、読書したりダラダラと過ごして、1日に何回も温泉に入ってはゴロ寝の湯治生活。それが良いんだよね。

今回も4連泊中の4日とも夕食は東鳴子温泉の焼き肉「八兆」で食事の予定だったが、土曜日の1日だけは満員で、2日分買い込んでいた「氏家鯉店」の鯉のうま煮とアライの1日分と他のたっぷり買い込んだ食材で夕食。その日は車で八兆へ出かけることもないので、昼間から酒をちびちびやりながら、温泉に入ってはのまさに湯治の醍醐味満喫で極楽だわ。

ほんまは冬場こそ湯治に行きたいのだが、鳴子温泉やそれ以上に途中の福島、山形などが雪の多い地域が多くて、車ではちょっと躊躇しちゃうんだよね。旅行は体調もあって、荷物持っての電車やバスでの移動がとにかく億劫で、荷物放り込んでラフな服で自由気ままに移動できる車に限るんだよね。大昔は毎週のようにスキーに行っていたので、雪道は慣れているのだが、スキーやめて以来雪道走るのはやらないようにしている。自分がいくら注意しても、馬鹿な運転するアホが山のように居るしね。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

雪解けになれば東北へ湯治ドライブ旅行が楽しみだったのだが、コロナ禍で今年は計画すべてがおじゃんに。お気に入りの温泉地が相当数休業状態だし諦め状態や

雪解けになれば、毎年4月中旬頃から東北へ湯治ドライブ旅行へ行くんだが、今年もずっと前から今年の湯治ドライブ旅行をどうしようかなと、いろいろと地図を見ながらコースを考え、どこの温泉に日帰り入浴して、どこに宿泊していくかなとか計画を考えていた。旅行ってこういう計画しているときが楽しいんだよね。


 


ところが、今年はコロナ禍ですべての計画がおじゃんに。まずは4月のドライブは津軽あたりまで走り岩手県を南下して、4月末にはGWの連休前まで毎度の鳴子温泉は川渡温泉の高東旅館に4〜5連泊して、川渡温泉河原の桜と菜の花のコラボを散歩してのんびり楽しみ、昼飯は氏家鯉店のうま煮とアライ、夜は焼肉八兆でうまくて安い焼き肉と魚貝を堪能しようと思っていたんだよね。栗まんも食いたい。それができなくなってしまった。今頃なら当然に秋田あたりの何処かにいるはずなんだが。下記の写真は昨年の川渡温泉の桜と菜の花コラボ。


20200421-13621


この16年ほどの間に胸髄症(胸椎にチタンボルトが5〜6本ほど埋め込まれている)、頚椎症性脊髄症で頚椎に人工骨が2個、そして脊柱菅狭窄症で腰椎の手術と全身麻酔の手術を3回しているんだが、とにかく手足がしびれていて、外出時にはステッキ使用しないとどうもフラフラしてしまう。左足のしびれがとくにきつかったので、40年間ずっと車はマニュアルミッションだったのだが、3年前にとうとうオートマにしてしまったほど。まあ、オートマは楽で良いんだけど、山道などでのシフトチェンジの楽しみがなくなったけどね。


 


ということで、しびれなどが温泉湯治していると和らぐので、冬場にも温泉に行きたいのだが、ステッキついて荷物持って電車などに乗るのが億劫で面倒くさくて、荷物放り込むだけで旅行できる車でのドライブになってしまう。かつてのように毎週のようにスキーへ行っていた頃なら4輪ともスノータイヤにして運転もするが、今はスキー自体ができないな。なにしろ自転車さえ足のしびれ、感覚鈍化でペダルからすぐ足が外れて乗れない状態だしね。


 


そんなわけで雪解けしてからの湯治ドライブの楽しみと湯治療養がコロナ禍で不能になり、げんなりだ。ドライブはまあいくらでも東北へ行けるんだが、感染者多量発生の東京から旅行に行くこと自体が躊躇と言うか、自制するしかないのだ。国民には外出自粛しろと傲慢かましているアベデンデンのバカ嫁のように人の迷惑関係ねえよの能天気バカにはなれないわ。


 


大好きな温泉がいっぱいあり、大好きな県である岩手県は、緊急事態宣言が発令された都道府県との不要不急の往来を控えるようお願いすること、もし岩手県へ行った場合には(東京へ出張へ行ったりの岩手県人も帰宅したら2週間自宅に)2週間の自粛をお願いとかになっているので、つまりは来県してこないでくれ状態なのだ。まあ、岩手以外も似たようなもんだろう。これは無理して旅行で行くこと自体が迷惑になるってことだし、行くと嫌な思いをするかもしれないし、もう家にこもるしかないわ。岩手県はいまだにコロナ感染者ゼロなんだが、ちょっと規制が過剰すぎかな。達増拓也知事が指揮しているのもあるのかな。達増知事は東大から外務省に入り、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院を出ているアベあたりのアホとは違う頭脳明晰だしね。(P.S.:大沢温泉も27日から5月6日まで休業、日帰り入浴も不可能に)


Photo_20200421031601


まあそういうことで、湯治ドライブに行けないで鬱々としてんだが、ツイッターなどでちょっと調べてみたら東北の温泉地がかなりの休業状態になっていて、どうせドライブ旅行しても入りたい温泉にも入れない、宿泊もできないであろうから面白くもなんともないだろうしね。


 


車で行く以外にも、JRバス東北は、盛岡と東京を結ぶ高速バスを今月末まで運休なんてなっているし、バス旅行派の人たちも難儀なんだね。


 


で、東北の休館、休業を適当に拾ってみると、青森では、「酸ヶ湯温泉旅館」は、業務を縮小し、4月20日から休館で営業再開は7月からの予定。浅虫温泉の「南部屋・海扇閣」は5月31日までの全館休館で、他の浅虫温泉の宿も同じようになるかな。行けば必ずどこかの旅館で入浴する嶽温泉のお気に入りの「山のホテル」も5月6日まで休業で、名物のマタギ飯は配達のみに。今年は宿泊しようと考えていた奥入瀬渓流入口辺りにある「温泉民宿南部屋」も地元民のみ1日1組対応。(P.S.:青森県に数多くある温泉銭湯の中でももっとも好きな平川市の新屋温泉も県外者入浴不可に)。


 


20200426-184808


 


秋田県では、人気温泉地の乳頭温泉郷の7宿泊施設すべてが宿泊・日帰りなど全営業の休止。休業したのは、妙乃湯▽鶴の湯温泉▽孫六温泉▽蟹場温泉▽黒湯温泉▽大釜温泉▽国民休暇村乳頭温泉郷(21日から)――の各宿。期間は鶴の湯が5月31日まで、その他は同6日までを予定。「志張温泉元湯」も4月15日(水)〜当面の間休館。この時期には桜より大好きな水芭蕉群落が堪能できる国道46号すぐ横にある仙北市の刺巻湿原にも行きたいね。


Photo_20200428210601


山形県では、県独自策で県境で検温を鉄道駅や国道、空港を想定して実施するとかのかなり無理筋の情報も流れているわけで、まるで江戸時代の関所だ。「銀山温泉」 全旅館が来月6日まで営業休止。でかい道の駅「チェリーランドさがえ」が4月25日(土)〜5月10日(日)まで休業とは、道の駅まで休業だとドライブもままならなくなってくる。山形県では、さらにかみのやま温泉18旅館、自主休業 来月6日まで。蔵王温泉でも露天風呂や旅館などの長期休業が出ている。さらにとりわけお気に入りの温泉地肘折温泉や東根温泉、小野川温泉なども全館休業になっているようでもうあきまへん。山形県ではお気に入りの大江町の「テルメ柏陵健康温泉館」「柏陵荘」も休館。山形県は4月はいたるところ桜が満開だ。赤湯温泉裏の烏帽子山公園が素晴らしいんだがな。そうそう、大石田の千本だんごが食いたい。


 


宮城県では、鳴子温泉郷のかなりの旅館が休業のようで、鳴子温泉へ行っても湯巡りもできそうもないね。(P.S.:これを書いてからさらに鳴子温泉はほぼ全体が休業みたいで、共同浴場は完全休館=地元民のみ利用に=だし、日帰り入浴も出来ないわ状況。東日本大震災以降温泉地は廃業が多発しているし、一年で一番稼ぎ時のGWが完全休業では大好きな東北の温泉地の未来に不安しかない。アホなアベ政権は休業補償して窮地の日本の温泉地を救え、温泉は日本の大切な文化だぞ)


 


福島県では、東北へドライブ行くと東京へ戻る途中に必ず走る奥会津のごきげんな共同浴場のある金山町の共同浴場すべてが当面休業、お気に入りの道の駅「奥会津かなやま」も5月10日まで休業では、ドライブに行く楽しみまったくないわ。(P.S.:福島県でも雰囲気ある温泉街で好きな温泉である岳温泉で一番大きな「櫟平ホテル」を経営の泉屋旅館が、福島地裁から破産手続きの開始決定で、負債額は約4億円、従業員約50人は全員解雇と。桜並木も美しい温泉地なんだが)

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

9月1日から大間崎までドライブだが、帰宅最後の日に台風来襲で福島県の道の駅で雨が止むまで待機休憩中

毎度の湯治を兼ねての東北ドライブを9月1日早朝に東京を出発してやってんだが、鳴子は川渡温泉での4連泊を含めて、9月8日まではずっと雨は降らずご機嫌なドライブと湯治ができたんだが、帰宅する最後の日に台風15号が関東・東北来襲で現在大雨で、車中泊した福島県の道の駅で雨が止むか小雨になる程度まで待機休憩中。

今回は、まあ毎度似たようなドライブコースなんだが、象潟、由利本荘から鷹の巣、弘前、青森、野辺地と走り、本州最北端の大間崎まで走った。大間崎はこれまでかなりの回数行っているんだが、一度夕日と朝日を最北端の地で見てみるかなと、大間崎にある駐車場・キャンプサイトで車中泊してみた。しかし、期待の夕日・朝日は雲が多くてちょっとがっかり。キャンプはまったく興味もなくやる気もないが、このキャンプサイトはきれいな炊事場も設置されているのに無料とか。平日の最北端の地でテントが10ほどもあり、車中泊組も多く、さすが最北端の地だね。

あとは適当に南下して、温泉にいくつか入浴し、天気も良くて快調にドライブ。ほんま東北のドライブは渋滞もほぼなくて景色は良いし、美味しいものも多いしで何回来ても飽きないね。今年は青森まで足を伸ばしたドライブ旅行がもう5回目になる。ほんま青森が好きやな。雪が降るまであと3回ぐらいは行けるかな。毎回コースをちょっとずつ変えては東北の道や町並みや地元の美味しいものを楽しんでいる。高速道路を使ったらそんな楽しみも味わえないよ。

渋滞がないってことで、燃費も良い訳で、東根市のスタンドで満タンにして、大間崎まで行き、南下して三戸のスタンドで満タン給油したときには、走行距離が710キロ給油量29リッターで、燃費が1リッターあたり24・48キロと1500ccガソリンエンジンのシャトルは財布に優しい車や。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

16年07月 19年5月 グルメ・クッキング デジカメ ドライブ ニュース パソコン・インターネット 京都 伊豆 佐賀県 埼玉県 大分県 奈良 奈良県 宮城県 山形県 岡山県 岩手県 広島県 心と体 愛媛県 新潟県 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 栃木県 温泉 神戸 福島県 秋田県 経済・政治・国際 群馬県 茨城県 趣味 長野県 青森県 音楽 05年10月 05年11月 06年10月 06年11月 06年12月 06年2月 06年3月 06年4月 06年5月 06年6月 06年7月 06年8月 06年9月 07年01月 07年02月 07年03月 07年04月 07年05月 07年06月 07年07月 07年08月 07年09月 07年10月 07年11月 07年12月 08年01月 08年02月 08年03月 08年04月 08年05月 08年06月 08年07月 08年08月 08年09月 08年10月 08年11月 08年12月 09年01月 09年02月 09年03月 09年04月 09年05月 09年06月 09年07月 09年08月 09年09月 09年10月 09年11月 09年12月 10年01月 10年02月 10年03月 10年04月 10年05月 10年06月 10年07月 10年08月 10年11月 10年12月 11年01月 11年02月 11年03月 11年04月 11年05月 11年06月 11年07月 11年09月 11年10月 11年11月 12年01月 12年05月 12年08月 12年09月 12年11月 13年06月 13年08月 13年9月 14年04月 14年05月 14年06月 14年07月 14年09月 14年10月 15年01月 15年10月 15年12月 15年4月 15年6月 15年7月 16年04月 16年06月 16年08月 17年02月 17年05月 17年06月 17年08月 17年10月 18年05月 18年06月 19年04月 19年06月 19年08月 19年09月 19年11月 20年04月 20年07月 20年08月 20年11月 20年12月 21年01月 21年04月 21年06月 21年07月 21年09月 21年10月 21年12月 22年01月 22年02月 22年03月 22年04月 22年05月 22年8月