伊豆

2012年1月22日 (日)

本当は行きたい東北だが、雪で断念で、たまにはドライブ旅行と11月に続いてまたまた伊豆一周ドライブ旅行

雪の季節になるとお好みの温泉のある東北、そ
れも山の中が多いのでほぼすべてが雪の中とな
り、温泉巡りドライブ旅行の楽しみが温泉入浴
ってだけでなくむしろドライブそのものを楽し
むのも大きいので雪の中を走るってのが億劫で
東北ドライブは春になってからとなる。

大昔なら毎週のごとくにスキーに行っていたこ
ろは4輪ともスタッドレスタイヤに替えてガン
ガン雪道も走ったもんだが、最近はそんな元気
もない。というより、雪道は自分がいくら運転
に注意していても、他の車のスリップなどのほ
うが危険性があり、意味もなく車間距離詰める
(最近は異常に気になる)馬鹿も多いから雪道
だけは敬遠だ。

という訳で、雪の季節はドライブが一気に少な
くなる訳だが、たまには車を走らせたい。とな
ると、まず雪はないだろう海岸沿いを走れる伊
豆半島一周がこのところの冬場のドライブ旅行
の場になっている。

で、雪を避けて11月末に一人で伊豆半島一周
ドライブに行ったんだが、12月から1月に入
って天気の良い日が続くし、正月も過ぎて空い
ているだろうと1月7日から2泊3日旅行。

天気は3日間とも実にドライブ日和で、道も渋
滞もほとんどなく快走出来た。宿泊はネット予
約して、7日は稲取温泉の温泉付きマンション
素泊まり、8日は西海岸の戸田温泉のペンショ
ンに。

温泉付きマンションは国道沿いの分かりやすい
場所で駐車もしやすく、歩いてすぐにスーパー
や稲取漁港もあり、なかなかに便利。一人40
00円ほどだが、部屋は2DKのまんまマンショ
ン。台所設備やホームこたつなどもあり、その
まま生活出来てしまう感じだ。古いが清潔で問
題なし。風呂は蛇口をひねればかなり熱い温泉
がそのまま出て来るので、24時間いつでも新
鮮な温泉に入れて実に快適。2月に入っての河
津桜見物にも良いかなと。

戸田温泉に宿泊したペンションは清潔感もあり
貸し切り出来る風呂(温泉ではないが)もかな
り広めで気に入った。2食付きで伊豆で460
0円は安く、夕食はたっぷりの刺身盛り合わせ
に、ブタや数種類の海鮮、野菜たっぷりの鉄板
焼き、そしてお好み焼きでお腹いっぱいに。西
海岸で宿泊するならリピートもありのペンショ
ンだった。

東海岸から西海岸方面へ時計回りにぐるりと一
周のドライブで、あまりの天気の良さにドライ
ブ主体となり、温泉入浴は稲取のマンションと
戸田温泉の11月にも入浴した共同浴場の二つ
だけだった。まあ、伊豆の温泉は特徴もない単
純泉なのでそれほど入浴欲も湧かないのだが。

11月の伊豆一周ドライブ旅行の時も天気は良
かったのだが、富士山は雲に隠れて全く見えな
かったが、今回は一応富士山が望見出来た。今
回の走行距離は約480キロ。伊豆半島一周を
すると、ちょっと寄り道などして東京からだい
たい500キロ弱になる。東京から近いように
見えて意外に走行距離があり、海岸沿いの道路
もカーブも多く、海や山と景色も多彩でドライ
ブ自体を楽しむには最高。ただ、半島を出てか
らの東京からの出入りの部分が時に大渋滞にな
るのが最大のネガティブポイント。今回は3連
休中にも関わらず渋滞もあまりなく、快適なド
ライブにはなった。

Heda02

Heda03

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

温泉巡りドライブに行きたい東北では雪のたよりで、断念して伊豆半島一周ドライブへ。入浴したのは戸田温泉共同浴場「壱の湯」1カ所だけに

昨年の11月はじめに北東北までドライブ
した時、鹿角から田沢湖方面へ国道341
号を南下した際に玉川温泉など辺りではか
なりの積雪になっていて、ノーマルタイヤ
なので難儀したことがある。

そんなこともあり、温泉巡りを兼ねての東
北ドライブ旅行も11月に入るとちょっと
敬遠気味になってしまう。大昔なら頻繁に
スキーに行っていたので、雪用のタイヤに
していたので雪道もどうってことなかった
のだが、現在はスキーもしないので雪道だ
けはパスしたい。

で、やはり11月に入ってから東北方面で
は雪の声が。今年6月、7月と2回も3泊
4日の連泊をした泥湯温泉もまあ雪の深い
所だし当然のごとくに雪になっているし、
もっと標高の低い鳴子温泉あたりでも雪の
たよりだ。

温泉には行きたいが、雪道は嫌だしでドラ
イブ旅行もなかなか出来ない。でも天気の
良い日はドライブしたい訳で、温泉自体に
はあまり面白みはないが、雪はほとんど降
らない(でも、途中の箱根の山中や伊豆山
中では雪になるけどね)伊豆半島にでも行
くかと、週間天気予報を見ていたら晴れ続
きのようなので急遽一人でのドライブ旅行
へ。

出発したのは25日朝。2泊3日の予定で、
適当に湯に入って道の駅で車中泊で良いか
と予定なしで出発。

急ぐ旅でないので、当然のことに高速使用
なし。環七から国道246号に右折して御
殿場から沼津方面へ。環七が檄混みで、い
つものことながら伊豆方面はこれだからあ
まり行きたくないんだよね。でも、天気は
快晴でご機嫌にのんびり走って、沼津市内
を抜けて伊豆半島西海岸沿いを戸田、土肥、
松崎方面へ。

快晴なのだが、期待していた富士山は雲が
厚くかかり伊豆方面からはほとんど見えず
がっかり。西海岸は東海岸沿いとは違い、
走行車両も少なく右に海を見ながら気分最
高のドライブコースだ。

今回のドライブ旅行で温泉に入ったのが結
局は25日の戸田での戸田温泉共同浴場だ
けになってしまった。伊豆の温泉ってかな
り入っているが、どこも同じ単純泉で、そ
れも東北方面の単純泉とはまるで違って面
白くも何ともない本当の意味での単純泉だ。
しかも、旅館などは循環仕様のくせに馬鹿
高い入浴料金(たいしたこともない共同浴
場でも高い)などもあり、戸田温泉にのん
びり入っていたらもうこれでいいやの気分
になってしまったのだ。

その戸田温泉の共同浴場「壱の湯」だが、
ちょっと分かりにくい場所にあるが、かな
り大きめの施設で、駐車場も広くて利用し
やすい。数カ所の温泉スタンドも設置され
ている。入浴料金は300円。入り口に自
販機がある。

ロビーも広くて、共同浴場としてはかなり
立派なほうだ。浴室も10人程度は余裕で
ゆったり入浴出来る広さの湯舟に、数カ所
のカランがあり設備も十分。湯は一応掛け
流しのようで無色透明な湯だ。共同浴場と
いうよりは街の銭湯の雰囲気か。

「壱の湯」とあったので他にも共同浴場が
あるのか尋ねてみたが、1カ所のみとか。

25日の車中泊予定は松崎の町外れにある
道の駅「花の三聖園伊豆松崎」で、午後5
時半頃到着。すでに真っ暗で、ネットで近
くに美味しい店があるとあったのだが、そ
れを探す気力も失せて、コンビニで翌日の
朝食分やビールや弁当など仕込んで道の駅
で夕食。静かは良いのだが、自販機程度の
明かりしかなく駐車場はほとんど真っ暗。
そのおかげか雲一つない夜空には東京では
見ることの出来ない満天の星がキラキラで
しばし見上げてしまった。

夕食のあとは道の駅内にある温泉施設に入
浴しようかと思っていたが、ビールに日本
酒とかなり飲んでしまい、横になっていた
ら知らないうちに就寝してしまっていた。

伊豆でも夜から明け方は相当に冷え込むね。
車中泊ではバックシートに布団を敷き、毛
布をかけているので寒くはないが、朝にな
って窓ガラスにベッタリのツユで、拭き取
るのに時間がかかってしまう。

翌日26日もドライブ日和で、下田方面か
ら伊東へ。もう1泊しようかと思っていた
が、何回も来ている伊豆で見たいとこもと
くにないやと早めに東京へ帰ることに。昼
飯はネットで、安くて美味しいとあった道
の駅「伊東マリン」のすぐそばにある食堂
「はなわ」へ。道の駅から北へ150メー
トルほど歩いた歩道橋の横。弁当もやって
いる普通の食堂だ。地元のランチ需要が主
体だね。

ほとんどが700円前後で今回食べたのは
刺身盛り合わせ定食750円。値段なりの
美味しさ。アジフライ定食など550円だ
し、トンカツ定食も750円など伊豆にし
てはリーズナブル。駐車場が狭いので道の
駅に車を置いてブラブラ歩いて来るのが正
解。

で、途中渋滞を我慢しながら、午後7時す
ぐには足立区内に入れた。今回の走行距離
は約460キロ。東北なら1日で軽く走れ
てしまう距離だが、渋滞が多すぎて、痺れ
る脚でクラッチ踏む(東北ドライブ中なん
てクラッチ踏む回数なんて実に極少なんだ
が)のにうんざりであった。

Heda01

Heda02

Heda03

Heda04

Heda05

Hanawa

| | コメント (0)

2011年2月28日 (月)

23日から2泊3日で温泉と美味しい料理の伊豆半島一周ドライブ

23日から25日にかけて久し振りに伊豆半島
へドライブ。直前にネットで伊豆高原と土肥温
泉のペンションを予約。天気予報ではまあまあ
の予報だったので、河津桜見物や戸田方面へ走
っての富士山眺望などを期待だ。

23日と25日は晴れたのだが、24日は雨に。
その日が河津桜見物となり、雨の中のちょっと
残念な桜見物だった。雨でもさすが人気の河津
桜で平日にも関わらず大にぎわい。桜のほうは
まだ5〜6分咲きぐらいだったが、菜の花の黄
色をバックにしたピンク色の桜はいつもながら
美しい。すぐ近くの峰温泉の大噴泉も雨のなか
見学。花のほうは小室山公園内のツバキもちょ
うど開花時期開始で多様な花が楽しめた。

宿泊したペンションは二つとも部屋もかなり広
く(ひとつのほうは和洋室の20畳ほどの広さ
で、広いベランダに全室に露天風呂付き)、こ
ぎれいで料理も美味しく満足度高かった。また、
二つのペンションとも一応温泉風呂で(伊豆な
ので当然のごとくに特徴のない単純泉で循環仕
様だが)、いずれも立派な造りの貸し切り利用
出来る露天風呂もあり、コストパフォーマンス
(1泊7000円ほど)はかなり高かった。

土肥温泉から沼津方面へ抜ける海岸沿いの道路
は所々狭い部分もあるのだが、海の眺めも良く
走行車両も少なく快適で、富士山を真っ正面に
眺望出来る道。走った25日は晴れだったのだ
が、富士山だけに厚い雲が覆いかぶさり、終始
富士山を眺めることがまったくできなかったの
が残念だった。

Itou01

Tubaki02

Tubaki03

Tubaki04

Tubaki07

Sakura01

Sakura02

Sakura03

Sakura04

Funsen

Tomari00_2

Tomari01

Tomari02

Tomari03_2

Tomari04

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

今年一発目の温泉ドライブ旅行は雪もなさそうな近場の伊豆へダラダラ2泊

今年はネットで見ていると東北もなんだか雪もまだ少
ないようだしドライブで温泉巡りしてもノーマルタイ
ヤで大丈夫かなと思っているうちに天気予報では雪が
かなり降りそうな雲行き。今年一発目の温泉を東北の
どこかにしようかなと思っていたのは急遽中止にして、
雪が山の上の方以外はまずない伊豆半島にして、5日
から7日にかけて2泊3日で今年初めての温泉巡りだ
らだらドライブ旅行に決定。

5日はドライブ日和の快晴で気持ちよく午前7時頃東
京を出発。伊豆へは高速道路など使うのはもったいな
いので当然下道使用。環状7号線から世田谷通り、環
状8号線に入って第3京浜・横浜新道経由で箱根湯本
へ。普通ならあまり興味のない温泉地なのだが、今回
は自遊人無料パスポートという強い味方がある。箱根
湯本で「天成園別館飛烟閣」という旅館の日帰り入浴
施設が無料で利用できる。ありがたく使用させてもら
うことに。

入浴料金はなんと1630円。ふだんなら絶対入浴し
ない高額。でかい内湯にその半分ほどの大きさの露天。
湯は特徴のない無色無臭のアルカリ性単純泉。ほんの
りと肌に滑らかな感触。対応も良く、家族つれで一日
のんびりするには良いところか。大きな休憩所で食事
も出来るし大きな滝のある庭園散策も良し。旅館本館
の風呂も利用できる。道がちょっと狭いので車は注意
が肝要。

その次に向ったのは同じく自遊人で利用できる仙石原
俵石温泉にあるリゾートホテル「ウェルテル俵石」で、
箱根湯本から国道138号線を御殿場方面へ向えばす
ぐ。ここも入浴料金は1625円と高額。それが無料
ですから感謝です。浴舎は高台にある別棟になってい
て木造の瀟洒な造りで、木造の内湯と少し小さ目の露
天風呂。いずれも山を眺めながら入れるなかなかご機
嫌な風呂。たまたま誰も入っていず独占状態。内湯は
大湧谷からの引湯で細かいまっ白な硫黄の湯の花が舞
う微白濁の少し温めの湯で、ゆっくりと長湯。露天は
無色の湯が。
Img_0081_1
Img_0084_1
Img_0085_1
Img_0089_1
Img_0092_2
Img_0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つにのんびり入っていると時間はすぐに過ぎて、
泊まり先の伊豆高原の激安の宿屋へ午後6時頃チェッ
クイン。深夜から天気は一気に悪くなり翌日6日は一
日中激しい雨が降ったりやんだり。入浴したのはこれ
も自遊人利用できる下田河内温泉の金谷旅館の有名な
いわゆる千人風呂。ここはこれまで入浴したこともあ
る雰囲気のある好きな温泉。入浴料金1000円のと
ころが今回は無料で有り難いことです。雨模様もあっ
てか今回はいつもよりは客も少なめでゆっくりと温泉
を楽しめた。全館木造のあの千人風呂はいつ入っても
本当に気持ち良い。刺激の少ないあまり特徴のない湯
だけにかえって長湯が楽しめる。寒いので大浴場の中
は湯気が凄く照明の暗さもあってまるで洞窟の中にい
るような感じ。これがまたまた落ち着いた雰囲気で良
かった。

3日目は天気も晴れ、まずは下田瓜木崎へ行き野水仙
の群落などを見学。風が強く、伊豆とは思えないほど
の寒さ。天気も良いので富士山の姿を見ようと西海岸
沿いを土肥までドライブ。ところが途中は嵐のような
風が吹き、海水が風に巻き上げられて数十メートルの
高さに海水の飛沫が高台を走る道路まで巻き上げられ、
車は海水の飛沫浸しに。一部は晴れ間も覗き、美しい
富士山も。途中海のそばの露天風呂に入る予定だった
が、あまりの風の激しさに今回は断念。のんびりダラ
ダラドライブだけの3日目だった。
Img_0116_2
Img_0117
Img_0122_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルムーングリーンパス12日間用を使用しての全国ダラダラ旅行5日目。三島でウナギを食べて、スーパービュー踊子号乗車

28日も午前中はちょっと連れに用事があるので、出
発は午前遅くに。今日は三島でうなぎ丼を食べて、ス
ーパービュー踊り子にただ乗るだけが目的。

伊豆はドライブでは数知れず行っているのだが、電車
では行ったことがない。と言うわけで、三島へ行き、
名物のウナギを食べて、下田と東京間を結ぶ豪華特急
「スーパービュー踊子号」に乗車するのが目的の旅。

ひかりで三島駅まではあっという間だ。駅から歩いて
すぐの老舗のうなぎの店へ。確かに美味しかったのだ
が、よく食べに行く南千住の「尾花」のとろけるよう
なうなぎに比べるとどうも田舎くさくて味付けもちょ
っと辛めだし、大満足というほどではなかった。浜松
のうなぎも大したことなかったし、うなぎをたべるな
ら東京だと感じただけ。

水の街三島らしい町並みを散策し、三島大社にちょっ
と寄ってこだまで熱海へ。熱海からはわずかな距離な
のだが、伊東までスーパービュー踊子号グリーンで。
伊東はこれまで何回も共同浴場なども利用しているの
で、今回は温泉はパスして、そのままスーパービュー
踊子号グリーンで東京へ戻ることに。さすが豪華列車
というだけに3列席で席も広々、眺めも良く楽しめた。
ウナギを食べて、踊り子号に乗るだけというフルムー
ングリーンパスならではの贅沢旅行を楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆で温泉に入ってのんびりしていたが、伊豆もなんだかいつもより寒かった

株式市場も何となくやる気も起きないので、金曜から
日曜まで2泊3日で伊豆へ温泉ドライブ旅行に行き、
温泉に入って株式のことも忘れてぼけっとしていた。
しかし、金曜も日曜も雨で寒くて、伊豆へ来ている感
じの日差しがあったのは土曜日だけ。河津と下賀茂温
泉の河津桜もまだ満開にはほど遠く、蕾の方が目立っ
ていた。普段ならもう満開のはずなのだが、伊豆も今
年は寒さが厳しいらしく、宿泊した宿の人は普段なら
滅多に降らない雪が今年は4回も降ったと言っていた
ほどだ。

放置して旅行していた間に金曜日の株式市場は持ち株
に限っては何となく上昇しているものが多く、暴落前
の水準にはまだ戻ってはいないものの、評価損も少し
は回復して来た。調子の良くない時は温泉にでも行っ
て株式のことなど忘れるのに限るということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング | デジカメ | ドライブ | ニュース | パソコン・インターネット | 京都 | 伊豆 | 佐賀県 | 埼玉県 | 大分県 | 奈良 | 奈良県 | 宮城県 | 山形県 | 岡山県 | 岩手県 | 広島県 | 心と体 | 愛媛県 | 新潟県 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 栃木県 | 温泉 | 神戸 | 福島県 | 秋田県 | 経済・政治・国際 | 群馬県 | 茨城県 | 趣味 | 長野県 | 青森県 | 音楽 | 05年10月 | 05年11月 | 06年10月 | 06年11月 | 06年12月 | 06年2月 | 06年3月 | 06年4月 | 06年5月 | 06年6月 | 06年7月 | 06年8月 | 06年9月 | 07年01月 | 07年02月 | 07年03月 | 07年04月 | 07年05月 | 07年06月 | 07年07月 | 07年08月 | 07年09月 | 07年10月 | 07年11月 | 07年12月 | 08年01月 | 08年02月 | 08年03月 | 08年04月 | 08年05月 | 08年06月 | 08年07月 | 08年08月 | 08年09月 | 08年10月 | 08年11月 | 08年12月 | 09年01月 | 09年02月 | 09年03月 | 09年04月 | 09年05月 | 09年06月 | 09年07月 | 09年08月 | 09年09月 | 09年10月 | 09年11月 | 09年12月 | 10年01月 | 10年02月 | 10年03月 | 10年04月 | 10年05月 | 10年06月 | 10年07月 | 10年08月 | 10年11月 | 10年12月 | 11年01月 | 11年02月 | 11年03月 | 11年04月 | 11年05月 | 11年06月 | 11年07月 | 11年09月 | 11年10月 | 11年11月 | 12年01月 | 12年05月 | 12年08月 | 12年09月 | 12年11月 | 13年06月 | 13年08月 | 13年9月 | 14年04月 | 14年05月 | 14年06月 | 14年07月 | 14年09月 | 14年10月 | 15年01月