08年03月

2008年3月29日 (土)

1年間の実用燃費平均値ランキング優秀車を表彰する「e燃費アワード」が発表に

温泉巡りする時は移動手段は当然のことに一番便利なのは
車ということで、愛車で山の中、東北の果てまで移動する
のがいつものこと。という訳で、いつもかなりの長距離を
走行するので燃費はかなり気になるものだ。

さらに暫定税率問題でガソリン価格が話題だし、原油価格
が投機で高騰もしている時期で車を運転する身としてその
気になる燃費に関する調査結果がネット上に出ていた。

IRIコマース&テクノロジーが、27日同社がサービスして
いる携帯電話を使ったマイカー情報管理サービス「e燃費」

の燃費データベース集計による部門ごとの実用燃費ランキ
ングを発表していた。

「e燃費」は、いわゆる満タン法により、ガソリンスタンド
から携帯電話で数値を入力し、燃費管理を行うシステムと
か。燃費管理や整備情報やガソリン料金なども調べられる
サービスなのだとか。登録会員49万人以上(2007年12月
末)で、登録車種・年式6,700以上の1年間の燃費データか
ら車種ごとの燃費ランキングを集計したそうだある。

どこかのネットニュースの記事では、ユーザーのさまざま
な実用シーンでの実測燃費データによるランキングという
のが特徴だとか。カタログ値や燃費実験記事などではなく、
まさにそのクルマの実用燃費がわかるというわけで、参考
価値大か。排気量や車重など物理的な違いがあるため、ア
ワード部門は12部門に細分化、部門別1位車種は以下の通
りである。

・ラグジュアリー部門(排気量・ギア・実用燃費)
トヨタクラウン(3000cc・AT・9.3km/L)
・セダン・ワゴン部門
日産ティアナ(2300cc・AT・9.5km/L)
・小型セダン・ワゴン部門
トヨタプリウス(1500cc・CVT・19.9km/L)
・エコノミーカー部門
ホンダシビックハイブリッド(1300cc・CVT・18.3km/L)
・スモールカー部門
三菱コルト(1300cc・CVT・15.9km/L)
・軽自動車部門
スバルR2 R(660cc・CVT・17.2km/L)
・ミニバン部門
トヨタシエンタ(1500cc・CVT・12.6km/L)
・SUV部門
トヨタハリアーハイブリッド(3300cc・CVT・11.8km/L)
・新型車部門
マツダデミオ(1300cc・CVT・14.6km/L)
・輸入アッパー部門
フォルクスワーゲンゴルフトゥーラン(1400cc・SMT・10.8km/L)
・輸入エコノミーカー部門
フォルクスワーゲンゴルフGTI TSI(1400cc・SMT・10.9km/L)
・輸入スモールカー部門
フィアットパンダ(1200cc・SMT・14.4km/L)
※SMT=シーケンシャルMT(トルコンのないAT)
…………
だそうだが、セダン・ワゴン、小型セダン・ワゴン、スモ
ールカーなどの区分けが今ひとつ良く分からないが、まあ
参考にはなる。これらの数値が一般走行の平均値からのラ
ンキングなのだろう。

軽自動車は良いことは良いのだが、1300CCのコルトと
比較すると、あの小さい車体(しかも価格がコンパクトカー
より高額なのも多い)を選択するメリットはあまりないし、
プリウスにしても価格の高さからの比較ではやはりメリット
もないのが判る。つまりは一番コストパフォーマンスの高い
車は趣味は別として1200〜1500CCクラスのコンパ
クトカーということだね。

愛車ランティスが新車で買ってもう14年目に入るボロに
なってきたので、いろいろ次の車種を考えているので、こう
いう調査は興味津々にもなる。しかし、今回の調査を見て
も、愛車である94年製1800CC135馬力のランティ
スが意外に燃費が良いのを確認できた。遠出のドライブ主
体もあるのだが、かなりスピードを出すほうなのだが、1
4キロちょっと(もっとも都内だけのちょい乗り主体では
9キロを切ることも)は平均であるし、東北の空いた道路
をスイスイ走ると16キロ近くになることもあるので、ラ
ンティスなかなかやるなの気持ちになり、ますます愛着湧
いて来てしまった。ランティスほど独特の格好良いデザイ
ンも現時点の車ではあまりないし、整備をきちんとして乗
り続けるのが正解かなとも思うし、クルマ選びに悩みは尽
きない。

4 1       

       
                            
                            

2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

暴力と死の世界を淡々と描く映画「ノーカントリー」

昨日は3年ちょっと前に手術した脊椎狭窄症の定期的な
術後診察。月曜日と言うこともあるし、暖かいこともあ
り整形外科はいつも以上の激混み。一応予約制なのであ
る程度時間は読めるのだが、それでも病院で待つのは疲
れる。

診察終わって、昼食食べて、書店をブラブラしていたら
映画を観たくなり、先週土曜日から公開になったばかり
のアカデミー賞で作品・監督・脚色・助演男優賞4部門
受賞の話題作コーエン兄弟監督の「ノーカントリー」を
観て来た。

「赤ちゃん泥棒」からお気に入りの監督なのだが、今回
のは全編支配する静謐感が心の闇をより鮮やかに見せる。
毎回独自の世界観と映像感覚で魅せるコーエン兄弟の暴
力と死がテーマの映画が作品賞というのも現在のアメリ
カの時代相を反映したものだと実感させるもので、暴力
とあっけない死が日常の世界をシンボリックに描く冷え
冷えとした感触が独特の味わいで、受け付けない人には
忌避反応も出そう。

その暴力と死に不感症になったかのような殺し屋(助演
男優賞受賞のハビエル・バルデムが怪演)の殺すことの
意味さえ喪失した“目の前にいるから殺す”的殺戮の不
条理さ、牛の屠殺用の圧縮空気銃利用の奇矯さと殺しの
効率化。自己のルールに従って殺すだけだとする殺し屋
の無表情、あまりの冷静さ、痛みさえ感じないかのよう
な不気味さ、恐怖とは裏腹の圧縮ボンベを引きずる姿の
滑稽さのアンバランスさなどハビエルが体現する殺し屋
は映画史上でもトップランクの強烈なキャラクターだろ
う。

2                  

 

 

 

この殺し屋の存在は国際政治の場で自国のルールを押
し通し、軍事力を行使するアメリカのメタファーでも
あるのだろうか。

舞台は1980年のメキシコ国境に近いテキサスの田
舎町。ベトナム帰還兵モス(ジョシュ・ブローリンが
好演、「アメリカン・ギャングスター」でもいい味出
していた)が荒野で狩猟中に麻薬組織同志の銃撃戦の
あとと思われる死体の山に遭遇し、鞄に入った現金2百
万ドルを持ち逃げする。しかし、組織に素性を知られ、
おかっぱ頭の冷酷な殺し屋(ハビエル・バルデム)の
執拗な追跡にあう。その事件担当する老保安官(トミ
ー・リー・ジョーンズ)は、行く先々で無惨な死に直
面し虚無感を感じて行くばかり。

原題が「NO COUNTRY FOR OLD MEN」(日本タイ
トルでは意味不明)で、年とった者にもう国はないと
いう意味だろうが、この保安官がナレーションや劇中
で「昔は良かった。今はあまりにひどい」みたいなぼ
やきが、淡々と展開される殺しのシーンとの間に異化
効果を生じる。保安官の諦観ぶりを淡々と演じるトミ
ー・リー・ジョーンズの渋さが際立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

今年初の温泉ドライブ旅行で、那須の硫黄臭漂う温泉にどっぷり

金曜日夕方から降った雨も上がって、土曜日朝起きて
みるとすっきりと晴れ上がり、かなり暖かい。すでに
午前8時を過ぎていたのだが、急にどこか温泉へ行き
たくなり、那須へでも行こうと急遽決定して午前9時
前に東京を出発。

ドライブに行く時はいつもかなり朝早めに出ているの
で、今回のような中途半端な時間は初めて。というこ
とで、予想通り土曜日もあってか車の流れは悪く、い
つもなら宇都宮辺りまでは2時間ちょっと、遅くても
3時間弱で到着なのだが、今回は4時間もかかってし
まい、途中昼食も取って、那須湯本に到着したのは午
後3時前になってしまった。

人気の共同浴場「鹿の湯」は当然いつも以上に混んで
いるだろうからパスして、民宿街で「鹿の湯」の源泉
を引湯して内湯を持つ民宿で日帰り入浴することに。

那須湯本の民宿は基本的には民宿などの関係者だけ利
用できる二つの共同浴場「滝の湯」「河原の湯」(い
ずれも利用は午前5時〜午後11時)で外湯入浴で、
内湯を持っているのは「新小松屋」(以前宿泊したこ
とあり)
と「南月」だけ。今回は南月で入浴をお願い
した。南月には「鹿の湯」と同じ「鹿の湯源泉」と「行
人の湯源泉」の混合泉が引湯されていて、24時間い
つでも味わえる。日帰り入浴料金は400円。3〜4
人でちょうどいい湯舟と小さめの湯舟の二つの浴室が
あるが、貸し切り利用になるようで、日帰り入浴は玄
関入ってすぐ右手にある大きめの浴室を利用させても
らった。

壁などは板壁で、湯舟は石張りの家族で貸し切りで入
るにはちょうどいい大きさ。湯口からは混合泉源泉が
少量投入されている。湯温は41度ぐらいで長湯には
ちょうどいい温度。投入の源泉はかなり熱い。熱めの
湯が好みなら木の栓を外せばホースで湯を投入できる
源泉蛇口もある。気持ちの良い硫黄臭の灰白色の濁り
湯で肌触りも滑らかだ。

Img_0001 Img_0004             

 

 





 


民宿宿泊者や民宿関係者などが利用できる「滝の湯」と
「河原の湯」だが、以前「滝の湯」に入浴した経験は
ある
のだが、「河原の湯」はまだ未湯。そこで、南月
の女将さんに頼んで、「河原の湯」にご好意で入浴さ
せてもらうことに。借りた鍵は非接触型の電子キー(合
鍵を作れないメリットありか)で、「河原の湯」扉脇
のセンサーにかざせばロック解除。その最新システム
とは不似合いなのが「河原の湯」のいかにも古びた共
同浴場そのものの佇まいと風情。

外見からは想像できないほど脱衣所も大きく、浴室は
全面木造。湯舟は檜造りのものが2つあり、最近新し
くされたばかりのようで、木の色が湯に濡れて美しい。
源泉は湯温68度の「行人の湯」で、手前の湯舟が温
めで、奥の湯舟が43度ちょっとの熱め。熱めの湯に
アゴまでたっぷりと入る心地良さ。硫黄の匂いが鼻を
くすぐる。今年初の温泉入浴は極上の湯二つでの始ま
りとなった。


Img_0012 Img_0009 Img_0010


 

 

 

 

帰宅前に夕食は安くて美味しく量もたっぷりの那須街
道沿いにある肉屋さん直営のレストラン「寿楽」で食
事。帰りは渋滞も一切なく、4時間弱で帰宅。ガソリンは東
京、埼玉、栃木と4号線沿いだけだが、140円台後半の価
格が中心でやはり高いね。これまでセルフ給油(面倒くさい
よ)は一度もしたことがないので、当然フルサービスの店に
したのだが、そのセルフでない店が一番安かった。だいたい
いつも安い小山の店で、今回は140円。ドライブ中にはそ
れ以上に安い店はなかった。セルフでないのに最安値でしか
も店はこぎれいなので当然にその店は混んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

寒さもちょっと和らいだしということで、水戸偕楽園へ梅見物のハイキング気分

昨日は朝早くから嫁はんと一緒に水戸偕楽園へ梅見物に行って
来た。あまりこちらは興味もなかったのだが、嫁はんが久しぶ
りに偕楽園に行きたいとか言い出したので、ネットで開花状況
を見てみると、12日現在で八分咲きとなっていたので、ちょ
うどいいだろうと決定。

水戸は東京からの距離が宇都宮とほぼ同じ100キロほど。宇
都宮方面は那須・塩原、東北への温泉ドライブ旅行で頻繁に行
くのだが、国道4号線がバイパスが出来てから走る時間帯さえ
上手く選択すればあまり渋滞に嵌り込まないで、早い時には2
時間弱で到着する。

しかし、水戸は国道6号線のみ(当然のことに走行距離100
キロ程度では高速道路なんて使用しない)で、なんだか走るた
びにうんざりするような渋滞が多い。今回も至るとこでトロト
ロ走行に。結局午前8時前に東京を出発したのだが、到着した
のは午後12時頃と4時間ほどもかかってしまった。

木曜日だからそれほど混んでいないだろうと思っていたのだが、
千波湖周辺にある無料駐車場2カ所はすでに満杯。県立美術館
の駐車場なら、美術館に入場すれば駐車料金が返金されるので
そちらへ。ところがところが、なんと美術館が改装工事中でが
っくり。梅見物と美術鑑賞両方できると思っていたんだけどね。
駐車料金は400円。偕楽園に近い駐車場はすべて500円。美
術館から千波湖に沿ってブラブラ歩くと、白鳥などもいて楽し
く、偕楽園までのんびり散歩できる。桜並木もあるのでこれから
は最高だろう。

偕楽園も平日にも拘わらず、バス駐車場も満杯のにぎわいで、か
なりの人出。偕楽園入場は無料。桜とはひと味違う上品で小さく
可愛らしい白や赤や紅、ピンク、薄黄緑っぽい色など微妙に色合
いの違う梅の花は見ていて飽きない。食事は食堂を探すのも面倒
くさいので、到着前にコンビニで飲み物やパン、おにぎりなど買
い込んで偕楽園でハイキング気分のお弁当タイム。園内では日差
しも暖かくて多くの人たちが食事タイムを楽しんでいた。でも、
私としては温泉入浴なしのドライブは究極に物足りない。しかし
茨城県は温泉不毛の地だから仕方なし。


Dscf0065 Dscf0038  

Dscf0062_2Dscf0016_2




Dscf0017 Dscf0019




Dscf0023
Dscf0028

Dscf0053 Dscf0057
Dscf0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

お下劣な笑い満載の最近では出色のお馬鹿映画「俺たちフィギュアスケーター」はフィギュアスケートファンなら数倍楽しめる

昨日は株式市場は先週末の米市場の下落、円高でどう
せ大幅下落で見ていても面白くもないだろうし、もう
日本の株式はどうでも良い投げやり状態なので、嫁さ
んに早く作れと言われているかなり以前に期限切れに
なっているパスポートを申請に池袋へ。

パスポート申請は以前は有楽町交通会館ばかりだった
ので、池袋サンシャインシティにあるとは知らなかっ
たのだが、こちらのほうがバスで行けて安くて便利と
いうことで池袋へ。がら空きで10分程度で申請終了。

久しぶりに池袋へ来たのでビックカメラをブラブラ。そ
のあと帰宅前に映画を1本見て行こうと、株主優待券で
観られる池袋東急で上映していた映画「俺たちフィギュ
アスケーター」を観て来た。

この映画、昨年末に少数の映画館で細々と公開された映
画で、池袋東急では穴埋め的に短期の臨時公開だったよ
う。でも、題材だけで昨年春のアメリカ公開時から観た
かったオ馬鹿映画。なにしろあの美しさを競うフィギュ
アスケートのペア競技に男二人のペアで参加するアイデ
ア一発勝負的なコメディ映画。クラシックバレーに女性
用のチュチュを着て男性バレリーナたちが「白鳥の湖」
などを踊るトロカデロバレー団なんてのが人気なのだが、
その辺りからの発想もあるのだろうね。

マイケルズ(ウィル・フェレル)とマッケルロイ(ジョ
ン・ヘダー)はアメリカ・フィギュア男子シングル部門
でのトップ選手で、ライバル同士。不良上がりでマッチ
ョぶりが売りのセックス大好きお下劣なマイケルズ。ス
ポーツ選手育成好きな富豪の養子で、女性的な優雅さが
売りのお上品童貞マッケルロイ。

性格も演技も対照的な二人はある大会で同点で1位になり、
表彰式で乱闘してしまい金メダル剥奪、スケート界から
追放になる。マイケルズは子供向けアイスショーで働き
投げやりにアル中状態。富豪から養子縁組を切られたマ
ッケルロイはスポーツ用品店でお仕事。

フィギュアスケート界への復帰を断念して失意の日々の二
人だが、追放されたのはシングル部門だけ、ペアなら大
丈夫と規約の抜け穴を発見したコーチの肝いりで男女ペア
ならぬ男男ペアでフィギュアスケートの世界へ復帰、トッ
プを再び目指すのだった。

フェレルとへダーの極端に違うキャラの二人が反目し合い
ながら、猛特訓してペアのトップへ躍り出るまでのプロセ
スがスポ根ものの味わいも交えてかなり楽しめる。

スケートの長期の特訓もあったとかで、スケートシーンも
CGの上手さもあるのだろうが、迫力満点。フェレルの弛ん
だ体と下劣なキモサがあるのだが、スケートシーンは本格
的に見せて、男同士のペアなのを忘れさせるような美さえ
ある。その中にかなりブラックな笑いまで含めて全編が爆
笑とくすぐり笑いの連続。

フェレルもへダーも日本では無名に近いが、アメリカでは
人気者。フェレルは「奥様は魔女」であまり面白くなかっ
たのだが、この作品ではそのキャラを良い方向で全面的に
開花させていて、日本人好みの俳優ではないだろうが、全
米公開時2週連続1位の大ヒットになったのも納得できる。

北朝鮮でコーチが開発した究極の荒技の北朝鮮での競技で
のビデオでは女性選手の首がスケートのエッジで切られて
ちょん切れる超ブラックユーモアなシーン、股間わしづか
みのリフトアップのシーンなどゲラゲラシーンも満載。

全米フィギュスケート界が協力したようで、有名フィギュ
ア選手総出演。2006年トリノオリンピック女子シングル銀
メダリストのサーシャ・コーエンは、フェレルの脱ぎ捨て
たバンツを嗅いで陶酔状態になる爆笑演技まで披露。フィ
ギュアスケートファンなら何倍も楽しめる映画だが、映画
館では公開はもう終わりだろうから、ビデオで楽しんでく
ださい。
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

11人乗車の定員4人軽自動車がトラックと衝突。なのに死者がゼロ。日本の軽自動車最強伝説確立

そのまんま東を大量得票で知事に当選させた宮崎県民
の素晴らしい知性を証明するかのような交通事故が発
生した。なんと4人定員の軽自動車に11人の馬鹿ガ
キが乗って、トラックと衝突しても死者が出なかった
のだ。

朝日新聞ウェブによると
…………
少年11人乗り軽乗用車、トラックと衝突 宮崎・延岡
2008年03月02日12時05分
 2日午前4時ごろ、宮崎県延岡市松原3丁目の国道10号で、県内の公立高校3年生の少年(18)=東臼杵郡=が運転する軽ワゴン車と、熊本市の運送業男性(39)のトラック(10トン)が衝突した。定員4人の軽ワゴン車には、運転手の少年を含め18歳の少年計11人が乗車していた。うち8人は、1日に卒業式を終えた高校3年生だった。少年たちは3人が重傷、8人が軽傷を負った。延岡署は、軽ワゴン車を運転していた少年から酒のにおいがしたことなどから、飲酒したうえで運転していなかったか調べている。
 調べでは、現場は片側1車線の直線。トラックの男性は「対向車の軽ワゴンがフラフラしていたためハンドルを左に切ったが、軽ワゴン車が中央線をはみ出してきた」と話しているという。少年たちは同じ中学校の同級生。
…………
ギネス記録を打ち立てようとしていた訳じゃなくて、
卒業したあとの深夜までの馬鹿騒ぎのノリで11人
詰め込んで走った単なる馬鹿集団だったというだけ
ね。迷惑を受けたトラック運転手が無事だったのは
良かったね。馬鹿集団が死のうがどうでも良いけど。

それより、私の愛車ランティスがすでに14年目に
突入する老体で、温泉巡りには車は絶対必要なので
新車にしようかなと考えているのだが、なかなか欲
しい車がない。今回の事故で日本の軽自動車が性能
と安全性でも抜群なことが馬鹿のおかげで実証され
たので、軽自動車も選択の範疇だなと思えるように
なった。11人も載せて走れて、その中の人間が誰
も死ななかったなんてのは日本の軽自動車最強伝説
確立みたいなものだ。日本の軽自動車の最高の宣伝
のための実験台に自ら進んでなった馬鹿たちに自動
車メーカーは笑いながら感謝だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

オペラ好きには堪らない映画「月の輝く夜に」を久しぶりに観る。「ラ・ボエーム」の舞台が華を添える

行きたい温泉地の情報を見るとまだまだ雪が深い土地
が多そうで、なかなか温泉巡りドライブへ行く機会が
なく、映画館へ行ったりビデオで映画三昧の日々。

そんな映画三昧のなかで2日ほど前NHKBSで木曜の深
夜(つまりは金曜日のことね)に映画「月の輝く夜に」
を放送していたので、DVDレコーダーに録画しておいた。
公開時に試写会で観て以来いわゆるロマンチック・コメ
ディジャンルではもっともお好みの映画。

LDでは一応所有しているのだが、映像的に画質が甘くて
今ひとつ。今回の放送を機会にDVDでも保存しておくこ
とにした。今日DVD録画してあるのを観てみると、LD
の画質よりも鮮明度が格段に違う。音自体はほとんど変
わりないが、技術の進歩は凄いを実感するだけ。

映画はあの名作「アメリカ上陸作戦」「夜の大捜査線」を
放ったノーマン・ジュイソン監督の起死回生の87年の作
品。恋と人生とオペラを心ゆくまで堪能するニューヨーク
に生きるイタリア系住民の人生を目一杯楽しむまさしく恋
に生き、歌に生きる描写には心躍るばかり。

舞台はニューヨーク・ブルックリンのイタリア系社会。仕
事一筋の美貌の未亡人(シェール)は幼なじみの男(ダニ
ー・アイエロ)と長い付き合いの末にやっと婚約するが、そ
の婚約者のヨーロッパ旅行の間に男の弟(ニコラス・ケイ
ジ)と恋仲となってしまい婚約者を裏切る形となる。

弟との結婚へ至るプロセスに絡めて、未亡人の家族の模様な
どが描かれて行き、恋と料理とオペラに溢れるイタリア系住
民たちのおおらかなちょっと羨ましいような人生模様がおと
ぎ話のように進行する。

オペラ好きなニコラス・ケイジの恋に盲目な伊達男ぶりはケ
イジにとってもベスト級の演技だし、そのケイジのキャラク
ターの濃さをさりげなく凌駕してしまって全編をさらうのが
シェール。仕事一筋に生きて来て、オシャレもしていなかっ
たシェールがケイジとの初デイトのために久しぶりに美容院
に行き、髪を染め、ドレスを誂えて変身して行くシーンのワ
クワク感。

映画の巻頭シーンからメトロポリタンオペラの小道具を運ぶ
トラック、楽屋裏などを見せてオペラ好きをくすぐる映画だ
が、シェールとケイジの初デイトがメトでのオペラ「ラ・ボ
エーム」の公演。そのオペラの心象風景とデイトで盛り上が
る二人の恋心が巧みにリンクして行く味わいはオペラ好きに
は堪りません。シェールのアカデミー賞主演女優賞は納得の
演技。これほどオペラ座、その公演が映画の本筋と微妙に絡
みながら双方の魅力を倍加している映画は希少。

さらにシェールの母親役で、家族を温かく見守るオリンピ
ア・デュカキス(アカデミー賞助演女優賞)や、浮気をして
いる小心者のその夫(ヴィンセント・ガーディニア)、教え
子の若い女子大生に手を出しては振られている大学教授など
生きる歓びの中に垣間見える悲哀など脚本の出来の良さも抜
群で、見終わったあとの心地良さはなんとも言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング | デジカメ | ドライブ | ニュース | パソコン・インターネット | 京都 | 伊豆 | 佐賀県 | 埼玉県 | 大分県 | 奈良 | 奈良県 | 宮城県 | 山形県 | 岡山県 | 岩手県 | 広島県 | 心と体 | 愛媛県 | 新潟県 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 栃木県 | 温泉 | 神戸 | 福島県 | 秋田県 | 経済・政治・国際 | 群馬県 | 茨城県 | 趣味 | 長野県 | 青森県 | 音楽 | 05年10月 | 05年11月 | 06年10月 | 06年11月 | 06年12月 | 06年2月 | 06年3月 | 06年4月 | 06年5月 | 06年6月 | 06年7月 | 06年8月 | 06年9月 | 07年01月 | 07年02月 | 07年03月 | 07年04月 | 07年05月 | 07年06月 | 07年07月 | 07年08月 | 07年09月 | 07年10月 | 07年11月 | 07年12月 | 08年01月 | 08年02月 | 08年03月 | 08年04月 | 08年05月 | 08年06月 | 08年07月 | 08年08月 | 08年09月 | 08年10月 | 08年11月 | 08年12月 | 09年01月 | 09年02月 | 09年03月 | 09年04月 | 09年05月 | 09年06月 | 09年07月 | 09年08月 | 09年09月 | 09年10月 | 09年11月 | 09年12月 | 10年01月 | 10年02月 | 10年03月 | 10年04月 | 10年05月 | 10年06月 | 10年07月 | 10年08月 | 10年11月 | 10年12月 | 11年01月 | 11年02月 | 11年03月 | 11年04月 | 11年05月 | 11年06月 | 11年07月 | 11年09月 | 11年10月 | 11年11月 | 12年01月 | 12年05月 | 12年08月 | 12年09月 | 12年11月 | 13年06月 | 13年08月 | 13年9月 | 14年04月 | 14年05月 | 14年06月 | 14年07月 | 14年09月 | 14年10月 | 15年01月